30代のお客さんの欠点

投稿日: カテゴリー: 営業

警戒心が高い

 

私のメインのお客さんは30代だ!と決めるまでは良かったんですが、

当時、電話帳から1件ずつ電話(テレアポ)していた私には大きな壁がありました。

 

  • 30代は固定電話を持っていない人が多い。
  • 持っていても、電話帳に番号を載せない。

 

電話帳に載せている番号は40代以上(特に50代・60代)が多いです。

これでは、テレアポで30代にアタックすることができません。

 

ネットで価格を検索する

これは強烈でした。

30代のほとんどがネットで価格検索します。

 

今までの私がやっていた即断即決営業は、

 

  • 下調べをさせない。
  • 他社との比較をさせない。
  • 衝動買いさせる。

 

というのが基本でした。

 

「これが当社の限界の価格です」と言って契約しても、

ネットで検索すれば、さらに安い価格を提示している会社があるので、

 

後日…、

「ネットで調べたら、もっと安い価格があるね。

もうちょっと考え直したいから、とりあえずキャンセルしたいんだけど…」

 

とキャンセルの電話が昔と比べてグッと増えてきました。

 

 

通用しない時代がきた

 

私が欲しい物を買うとき、価格.comやAmazon、楽天で、

一番安いのを検索してるのに、

 

売るときは、検索させずに売ろうとする。

 

この自分自身の矛盾に気づいたとき、

これはもう「今のやり方が通用しない時代がやってきた」と自覚した瞬間でした。

 

じゃあ、どうすればいい?

 

警戒心が高く、ネットで比較・検討するのが当たり前になっている

30代にどうやって売ればいいのか?

 

今までの「テレアポ」や「飛び込み営業」などの

訪問販売では売れない客層、一番やっかいな30代に、

 

  • どうすれば売ることが出来るのか?
  • どうやって買って貰えるのか?

 

これを真剣に考えることがマーケティングの第一歩になります。

 

【つづく】

警戒心をなくすためには?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA