広告業界のウソ

投稿日: カテゴリー: 売れるチラシ広告の作り方

「千に3つ」という広告のウソ

 

広告業界では昔から「千に3つ」という言葉があり、

DMやチラシなどの広告を1000枚まいたら問合せが3件(反応率0.3%)という意味ですが、

 

この数値はバブル成長期の話で、

商品を作れば何でも売れた旧石器時代の話です。

 

今の時代に、こんな数値を信じてはいけません。

今は不況のまっただ中です。現実はこれの1/10~1/50という数値です。

 

太陽光発電やリフォームなどの

高額商品のチラシ広告の反響は、7千枚~8千枚に1件の問合せです。

 

しかも、この1件は冷やかし客も含めた

「単に、電話がかかってくる1件」であって、契約できるかどうかは別です。

 

他の業界だと、

 

住宅の場合、1万枚~1万5千枚で1組みが現場見学会に来場。

学習塾だと1万枚~2万枚で生徒1人が入塾

 

という感じです。

これが、不況まっただ中の現実の数値です。

 

だから、1千枚~2千枚チラシを配った所で、電話が1本もならないのは当たり前。

広告が少なすぎるので、良い広告なのか、ダメな広告なのかわからないです。

 

 

ここで、私の体験をお伝えすると、

 

チラシ広告に切り替えた当初、

「売れるかどうかわからんお前の広告にお金をかけてられん」

と、社長(父親)が言うので、

折り込みチラシではなくポスティングで広告を配っていました。

 

「どうせ配るなら、たくさんあった方がいい」という社長の意見で、

 

  • 私が作ったチラシ
  • 社長が作ったチラシ
  • アルバイト募集のチラシ
  • 環境問題を訴えた資料
  • 花屋のチラシ

 

合計5種類をポスティングしました。

結果、2ヶ月かけて3万枚ポスティングしましたが反響ゼロ

 

2ヶ月かけて問合せゼロです。

 

冷やかしの電話すら鳴りませんでした。

おそらく、私たちが配ったチラシや資料は「即ゴミ箱行き」だったんでしょう。

 

5種類のチラシと資料をそれぞれ3万枚、合計15万枚。

1枚4円以上かかっていましたから、最低でも60万円使いました。完全に無駄金です。

 

つまり、私は60万円使って2ヶ月もの間、ゴミをばらまいていた事になるのです。

普通はここでやめます。

 

  • 「やっぱりチラシなんかで売れへんわ」
  • 「テレアポ(飛び込み)の方がいいわ」

 

と言って、きつくてしんどい訪問販売に戻ります。

「チラシ試してみたけどダメだったわ~」という人の9割がここで脱落しています。

 

だけど、私はやめませんでした。

あの、きつくて、つらい訪問販売に戻りたくなかったからです。

 

それから試行錯誤の末、

徐々に反応がとれるチラシが作れるようになりました。

 

当初、広告の平均値がわからなかったので、

いい広告かどうかわからず、いたずらに時間が過ぎていきました。

 

 

チラシ広告をやらない2つの理由

理由1つめ

平均値を知らないから、いい広告かダメな広告か判断できない。

 

よーし、この広告なら問合せバンバン来るだろう!と言って、1000枚、5000枚配る。

あれ?問合せがないぞ。

やっぱり広告なんかで太陽光発電が売れるわけないか~。と言ってやめてしまう。

 

 

理由2つめ

「良い広告」というのが、どういう広告かわからないから、

他社と同じようなチラシをつくってしまう。

 

広告で、太陽光発電が売れるのか~。

どれどれ、この前チラシにのってたあの広告を参考につくってみよう…。

おかしいなぁ。1万枚配ったのに問合せがないぞ。

なんでだ?やっぱりチラシなんかで売れるわけないか~。と言ってやめてしまう。

 

だから、結果がでない。

そして、結果がでる前にやめてしまう。

 

「スタッフ3人使ってポスティングしたけどダメだったわ~」と言う前に、

 

  1. チラシ広告の内容がダメだったのか?
  2. 地域がダメだったのか?
  3. タイミングがダメだったのか?
  4. 配った枚数が少なくてダメだったのか?
  5. 広告媒体が悪かったのか?

 

少なくとも、この5つはチェックしてみてください。

 

太陽光発電は「高額商品」という性質上、

1000枚、2000枚、のチラシを配っても効果はありません。

 

たいてい、チラシの内容がダメか、

枚数が少ないからダメのどっちかです。

 

他社のチラシを真似しても、

他社と同じような反応(1万枚で1件程度)しかありません。

 

何でもそうですけど、我流でやっても、なかなかうまくいきません。

時間とお金を大量に失います。(私は2年間試行錯誤しました)

 

師匠やコーチ、先生がいると簡単に上達できます。

 

【次回へ続く】

失敗からわかった「3つの基本」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA