なぜ、嫌われるほどお金が舞い込むのか?

投稿日: カテゴリー: ライバルより高値で売る秘訣

アンチをつくる

みんなから好かれたいと思っていると、

誰からも相手にされなくなります。

 

「ターゲットを決める」ということですが、

 

そのターゲット以外の人は、

「切り捨てる」「嫌われてもいい」という心構えが必要です。

 

有名人には必ずアンチがいるように、

一部の人から嫌われれば嫌われるほど、ファンが多くなって広がっていきます。

 

例えば、

やしきたかじん

橋下徹

島田紳助

(追記)

マツコ・デラックス

有吉弘行

 

 

人が言えないことをズバッと言って人気を得ていますね。

(アンチもめちゃくちゃ多いですけど…)

 

マーケティングで有名なダン・ケネディも

「1日1人に嫌われなさい」と言ってるそうです。

 

誰かが1人、あなたのことを嫌いになったら、

誰かが1人、あなたのことを好きになっているからです。

 

そして、あなたのことを好きになった人だけがお金を払います。

 

あなたにお金を払わない人は、

あなたのことを「嫌い」か「どうでもいい」と思ってる人です。

 

世間のほとんどの人が、あなたのことを「どうでもいい」と思っているので、

多少嫌われても大丈夫です。

 

 

ただし、嫌われるだけで、

好きな人が増えないという場合、

 

あなたの言葉が

  • 「悪口」
  • 「嫌味」
  • 「自慢」
  • 「不平」
  • 「不満」
  • 「愚痴」

になっています。

 

そんなマイナスの言葉や感情を出していては、

誰からも好かれませんし、そんな人にお金払いたいと思わないです。

 

中でも「自慢」は、

すごくうざいと思われるので要注意です。

 

【まとめ:カテゴリー「ライバルより高値で売る秘訣」】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA