「お客は神様で、お前は奴隷」にならないために

投稿日: カテゴリー: 成約率を飛躍的に伸ばす方法

上下関係

 

同じ営業でも、ヘコヘコして、

「どうかお願いですから買ってください」なんてことをしていると、

 

「お客様は神様で、営業マンは奴隷」

 

ということになりかねません。

どうせ営業するなら、お客さんの上に立ちましょう。

 

「コメツキバッタ営業と殿様バッタ営業」

等と言われることがあるように、上に立てるか立てないかで、

今後の人生も成約率も大きく差が出ます。

 

営業マンならクロージングに使っている「必殺の決め台詞」があると思いますが、

その決め台詞で「何を言ってるか」によって、

 

お客さんの上に立って営業しているか、

下になって「お願い営業」になっているかわかります。

 

「僕を漢(おとこ)にしてください!」なんて使っていたらダメですよ。

 

 

客を選別する

 

「お客様は神様だ」という

間違った解釈が広まったせいで、傲慢な客がいます。

 

無理難題を言ったり、買う前からクレーマーまがいなことを言ったり、

「質の低い客」というのがいます。

 

そう言う客は、値引き要請がキツイ上に、

「俺は人脈があるから、こんだけ安くしたら紹介したる」的なことを言います。

 

ハッキリ言って、そういう客が紹介する人というのは、

同じような「質の低い客」です。

 

そんな客と付き合ってはいけません。

ストレス120%の客です。

 

あなたが120%力を注げる「本当のお客さん」だけを選びましょう。

「売ってはいけない客」に無理して売ってはいけません。

 

 

断る勇気

 

「嫌なら断っていいですよ」という言葉をテクニックで使うのではなく、

本気で思っているかどうかで重みが違ってきます。

 

見込み客を目の前にして「断る」営業マンはなかなかいません。

「どうにかして買って欲しい」と思うのが営業マンの悲しい性です。

 

よっぽど腹が据わっていないと断ることなんか出来ません。

 

売上げがなくて困っている状況でも、

歯を食いしばって断ることが出来るようになると、

おのずと、良いお客さんがやってきます。

 

売上げが無くて困っている時ほど、買って欲しいばっかりに、

ヘコヘコしたお願い営業になり、質の低い客が目の前に現れます。

 

そうなったら、もう悪循環です。

 

たった1人の質の低い客と付き合うと、

ずーっと振り回されるはめになり、体力も精神力もくたびれてしまいます。

 

「断る強さ」を持ちましょう。

 

周りから「なんてもったいない」と言われても大丈夫。

そんな質の低い客はあなたではなく、ライバル会社に譲ってあげましょう。

 

きっと泣いて喜びますよ。

 

まとめ:カテゴリー「成約率を飛躍的に伸ばす方法」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA