なぜ、ダイレクト・マーケティングは時間がかかるのか?

投稿日: カテゴリー: マーケティング

最初は誰もがパクリではじまる

ダイレクト・マーケティングの書籍や方法を知った時は興奮します。

「こんな方法があったのか!ぜひ、やってみたい!」

最初は、知識も経験も技術もない状態なので丸パクリになります。

 

例)

  • まだ家賃にムダ金払いますか? → まだ光熱費にムダ金払いますか
  • 警告!まだ家を建てるな! → 警告!まだ太陽光はするな!
  • 失敗しないリフォームとは? → 失敗しない太陽光発電とは?

反応バンバンくるぞ!これでウハウハだ!

なんて思っても、大抵失敗します。

 

ありゃりゃなんで??

 

それでもめげずに、いろんな事例を参考にどんどん模写し、

新作の広告やDMを作ります。

 

また失敗。

 

おかしい。

なんで成功しないのか?

 

なんでこれだけ研究し頑張ってるのに、

結果が結びつかないのか…

 

すると気付きます。

 

パクリは所詮パクリ。

これじゃダメだ。

 

自分で考えなきゃ。

 

 

ここから売れるようになる

 

その頃は、何度も何度も模写したおかげで

ダイレクト・マーケティングの基礎が身についています。

 

自分で一から考えて作り直しますが、

まだまだ、いまいちな出来…。

 

何度も作り直します。

 

「面白くない」と、

周りからも、自分でもダメ出し。

 

もう一回、初心に戻って、

ダイレクト・マーケティングのコピーを模写しながら作り直します。

 

すると、面白い広告やDMが出来上がる。

きっと、その広告は売れる広告になっていると思います。

 

これが売れるステップアップです。

まさしく、歌舞伎などの「守破離」ですね。

 

 

成功する要因をたった1つ挙げるなら?

 

「チラシ広告で成功した一番の理由はなんですか?」

と聞かれれば、

 

ひたすら「模写」する。

それも、自分の売りたい商品に置き換えながら模写する。

 

これに尽きると思います。

 

とにかく、書いて書いて書きまくりましょう。

ダイレクト・マーケティングが身体に染み付くまで書きまくるのです。

 

気になったホームページは全て印刷し、書き込みます。

 

ただし、書きまくると言っても、ただ単に模写するだけはダメです。

それでは「ペンだこ」が出来るだけです。

 

自分の商品に置き換えて模写してください。