効率よくテレアポする方法

投稿日: カテゴリー: アポイントを取る秘訣

4つに分けて判断する

 

限られた時間内で、効率よく電話をするためには、

お客さんを4つのパターンに分けます。

 

  1. 全く話を聞かず、すぐ切ろうとする人
  2.  電話は切らない人
  3.  話を聞いて、質問してきた人
  4.  考える気がなく、からかう人

 

①の人は、すぐに切りましょう!

全く興味がない人にいくら話をしてもお互い時間の無駄です。

この①の人にひたすら説得を試みる人がいますが、結果にはつながりません。

 

②の人は、こっちから、どんどん質問を投げかけましょう!

その時の反応が「無言」「そっけない」対応の場合、望みはありません。

しかし、ちゃんと答えてくれる人はチャンスです!頑張りましょう。

 

③の人は絶対アポまでいくべきです!

アポになる人です!

もしアポがとれないのであれば、それはトークのどかに欠陥があります。

絶対にアポがとれない人はいません!何かを間違えたのです!

このとき、「ダメな客や」とお客さんのせいにしたらダメです。

ダメな理由は、あなたのトークにあるのです。

もし、アポにならなかったら大いに反省しましょう。

 

④の人は、話も聞くし、質問もしてくるので、「もしかしてアポになるのでは?」

と期待してしまうんですが、どんなに粘ってもアポはとれません。

見分け方は、質問の内容です。

  • 「モトとるのに何十年もかかるんやろ?」
  • 「雪がふる地域はあかんやろ?」
  • 「総額でいくらかかるの?何百万もするんやろ?」

等々ネガティブな質問」をする人にアポはとれません。

断る理由が欲しいのと、からかってる場合がほとんどです。

逆に、

  • 「雪が降っても大丈夫なん?」
  • 「本当にそれだけ削減できるの?」
  • 「補助金は、まだあるの?」

等々ポジティブな質問」をしてきたら大チャンス!

多少なりとも興味があります。アポをとりましょう。

 

正直な話、電話した全員に興味を持ってもらうのは不可能です。

 

ただし、相手を見極めてトークを繰り広げれば、

必ず興味を持ってくれる人はでてきます。

 

興味を持ってくれる様にするためには、

「質問」が一番の近道です。

 

お客さんは自分の「不都合」なこと「不満」や「不便」に気付いていません。

質問して気付かせてあげましょう。

相手の不都合、不便や不満を解消するのは私たちです。

 

【断りに対する質問例】

  • 「考えてない」「予定にない」・・・電気代が安いんですか?
  • 「まぁいいわ」「ウチはいいわ」・・・太陽光(オール電化)が嫌いなんですか?

 

【その3へ続く】

テレアポの具体的なテクニック「トーク集」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA