第一印象で信頼される9つのポイント

投稿日: カテゴリー: 営業

人は中身を見ない

 

私が営業はじめて上司から言われたのが、

 

「おまえスーツのズボン、プレスかけてるか?

よれよれのスーツきてる奴からは、何百万円もする商品を買いたいと思わないぞ」

 

それを聞いた時、「あぁ~確かに」と納得しました。

 

よく、学校の先生や親から

「人は中身は大事だ。外見で判断するな」って言われますけど、

 

中身は長年付き合って、はじめてわかるもので、

出会った瞬間に、その人の中身なんてわかりません。

 

見た目が「危ない奴」「怪しい奴」から

 

何百万円もする商品を買おうと思いますか?

そいつの話を信じますか?

 

きっと、買わないし、信じないと思います。

なぜなら、騙されそうだから。

 

だから、中身がどれだけ良くても、

外見がダメだと、お客さんは「話を聞こうとする姿勢」すら見せません。

 

門前払いです。

 

スリムドカンで有名な斉藤一人も

「コンサルタントだったら金のロレックスを身に付けろ。一流に見えるから」

と言ってたそうです。

 

 

人は見た目で判断するから

 

高級ブランド品で全身コーディネートしろとは言いませんけど、

 

「高級そう」に見える、

「金持ちそう」に見える、

 

というのはけっこう大事です。

 

営業で言うと、

お客さんから「できる奴」と見せなければいけません。

 

  • できなさそうな奴
  • うだつのあがらない奴
  • 貧乏そうな奴
  • 頼りなさそうな奴
  • ダメそうな奴
  • 頭悪そうな奴
  • 不潔そうな奴

 

に、お金を払いたいとは思いません。

 

とくに、何百万円もする商品を買うときは

上記のできない奴には絶対お金を払いたくありません。

 

上記のダメそうな奴に見られないために、

 

  1. スーツ、シャツは清潔感のあるものを選ぶ。
  2. 背筋を伸ばす。(猫背はダメ)
  3. まばたきを少なくする。
  4. 断定する。
  5. 最新の機器を使う。(iPhone、iPadなどを営業で使う)
  6. 幅広いジャンルの話ができるようになる。
  7. 伝わる話し方をする。
  8. 空気を読む。(相手の心情を察する)
  9. 会話の主導権を握る。

 

これらが出来るようになると、

「できる奴」と思わせることができます。

 

さらに、「笑顔」「プライベート」を見せると、

「親近感」「信用・信頼感」がでるので、

 

「この人から買いたい」とお客さんは思います。

 

 

おまけ

 

ここで有名な心理学「メラビアンの法則」をご紹介すると、

人が他人を受け入れるまでに「4つの壁」があるそうです。

 

  •   第一の壁・・・外見、服装、表情
  •   第二の壁・・・態度、姿勢、しぐさ
  •   第三の壁・・・話し方、声の大きさ、抑揚
  •   第四の壁・・・話の内容

 

また、相手に伝わるのは、

 

  • 「言葉」  7%
  • 「話し方」38%
  • 「態度」 55%

 

というものらしいです。

 

まぁ、あの法則は、

「限定された条件で出たパーセントだから鵜呑みにするな」

とも言われていますけど、「4つの壁」は当たってると思います。

 

広告同様、この「4つの壁」を突破しないと、

お客さんはあなたの話を聞かずに断ってきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA