アフターフォローで訪問しなくていい方法

投稿日: カテゴリー: 訪問しなくてもお客さんと良い関係が続く方法

ほったらかし、売りっぱなし

 

太陽光発電を設置して3年経過したお客さんから

「ここ最近、発電が少ないような気がする。ちょっと見に来てくれ」

と、連絡があったので、急いでお伺いしました。

 

モニターをチェックをしても、エラーが発生しているわけでもなく、

外のパワーコンディショナー(インバーター)をチェック。

しかし、ブレーカーが落ちているわけでもなく、正常に動いています。

 

私では発電量が低い原因がわかりませんでした。

 

「おっしゃるように、ちょっと発電が低いように思えます。

ただ、私ではその原因がわからないので、メーカー呼んで調査しますね」

 

と言うと、お客さんが、

 

「こんな高い買い物したんだから、月に一回は見に来なあかんで。

これじゃ、ほったらかし、売りっぱなしと同じやん」

 

と言われました。

 

「いや、ほったらかし、売りっぱなしじゃないから、見に来たんだけど…」

と内心思いながら、その場は「ははは…」と苦笑いで誤魔化しました。

 

 

どうすればいいの?

 

お客さんはああ言うけど、

うちみたいな小規模な会社(社員1人)では、

 

月に1回お客さんの家まわるなんて無理…、

そのためだけに、人を雇うことも出来ない…、

かといって、地域密着型で売ってるのに、

“ほったらかし、売りっぱなし”と思われるのも嫌だ…、

 

何かいい方法はないか?

とネットや本を読んで探して探した結果…。

 

少人数でも、たった1人でも、アフターがばっちり出来て、

「ほったらかし、売りっぱなし」とお客さんが感じない方法を発見しました。

 

それが、ニュースレターです。

 

ニュースレターとは、DM(ダイレクトメール)と違い、

売り込みゼロの「手作り新聞」のことです。

 

 

個人的な感想、日記、お役立ち情報など、

自社(個人)発行の「手作り新聞」をお客さんに郵送(メール便)するのです。

 

実際、このニュースレターを発行し始めてから、

お客さんから「ほったらかし、売りぱなし」と言われなくなりました。

 

月に一回、お客さんの家に行ってるわけでもありません。

電話で御用聞きもしていません。

ただ、ニュースレターを月に1回郵送していただけです。

 

たったこれだけで、お客さんの意識が変わりました。

 

 

実は、このニュースレター

急成長している会社、元気な会社は必ずやっています。

 

ニュースレターのおかげで、売上げがのびた!という会社の話もよく聞きます。

売り込みゼロなのに売上げがのびる?…不思議な話です。

 

マーケティングを勉強している人は

ニュースレターを知っている人が多いですが、実行している人は少ないです。

 

実際、私が「そろそろマイホームを…」と家を探していた頃、

唯一、ニュースレターを発行していた住宅メーカーは「タマホーム」だけでした。

 

もし、まだニュースレターを発行していないなら、

すぐ発行してください。

 

必ず発行してて良かった〜という時期が来ますよ。

 

 

【次へつづく】

ニュースレターをはじめるメリット

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA