Podcast

第256回 ゲームする人は仕事ができる人!?

ゲームしてるとアホになるなんて言われてきましたが、アメリカではこんなデータがでています。週に3時間テレビゲームをする医師はゲームをしない医師に比べて腹腔鏡手術でのミスが37%少なく、処置を27%速く行えるという結果が出ているみたいです。また、職場でテレビゲームをすると生産性が向上し、仕事の満足度が高まるとの結果も出ています。今や6歳以上の半数がコンピユンターゲームやテレビゲームをしています。アメリカ人は毎年2億2千万個のテレビゲームを購入しています。実は、映画産業よりゲーム産業の方が大きいということです。テレビゲームをしたことがある大学生は100%で、50名の学生全員が観たという映画は1つもないが、全員がやったことあるテレビゲームは1つ以上あるとのことです。それくらいゲームは生活の一部になっているとのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA