あなたの「理想の見込客」を見つける方法

投稿日: カテゴリー: 売れるチラシ広告の作り方

たった1人のために

 

広告を作るというのは、

「お金を払って情報を発信する」ということです。

 

  • どういう人なら喜んでくれるのか?
  • 自社の商品を欲しがる人はどんな人か?
  • その人は何に悩んで困っているのか?

 

を常に考える必要があります。

 

「誰でもいいから太陽光発電に興味のある人」

なんて思ってたらダメです。

 

「誰でもいいから」と思っているから、誰からも相手にされないのです。

 

たった1人のためだけに書いた文章は、大勢の人から支持され共感されます。

代表的なものが歌です。

 

ミリオンセラー(100万部)売れる歌は、たいてい「たった1人のための歌」が多いです。

1人に向けた歌は100万人に共感されるのです。

 

200万部突破し、映画にもなったベストセラー

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」

の著者:岩崎夏海氏も

「多くの人に読んでもらおうと思ったら、たった1人に向けて書くことだ」と断言しています。

 

実際、1865年に出版した「不思議の国のアリス」も同様で、

原作者のルイス・キャロルは、近所に住むアリス・リデルを喜ばせようと書いた本です。

 

その近所に住む女の子(アリス)だけに書いた本が、

「聖書の次に世界中で読まれた本」になっているのです。

 

たった1人に向けて書いた本が

100万人以上の人に支持され共感されるのです。

 

広告も全く一緒です。

 

たくさんの人から反響がほしければ、「たった1人」に向けて書きましょう。

 

 

どうすれば、たった1人を見つけるのか?

 

マーケティングでは、

よく「理想の見込み客」に向けて話せと言います。

 

しかし、「理想の見込客」と言われても、

その理想が何なのか、よくわからないですよね。

 

曖昧な見込客じゃ効果は薄れるので、

顔の見える濃厚な「あなたの理想な見込客」を見つける必要があります。

 

具体的な理想の見込み客をみつける

1番のオススメな方法は、過去のお客さんを見れば出てきます。

 

  • 2年以内に契約したお客さん
  • 商談時が楽しい
  • スムーズに契約できた
  • 工事完了後も友好な関係が築けてる

 

そのお客さんに向けて広告を作れば良いのです。

そのお客さんは、

 

  • どんな家に住んでいるのか?
  • 主人、奥さんは何歳か?
  • 子どもは何人いるか?
  • また子どもの年齢は?
  • 乗ってる車は?
  • どこに勤めいるのか?勤続年数は?
  • 奥さんは専業主婦か?共働きか?
  • 年収はどれくらか?
  • 親と同居しているのか?

 

など、お客さんの細かい情報をどんどん紙に書いてください。

 

この人が「具体的な理想の見込み客」です。

 

リアルで知ってるからこそ細かい描写が頭に浮かびますので、

広告を読んでる人も「これは自分のことを言ってるんだな」と振り向いてくれます。

 

しかも、そのモデルになったお客さん(理想の見込客)は、

 

  • どんな不安があって、何に悩んでいたのか?
  • 商品のどんな点に魅力を感じたのか?
  • なぜ、あなたから買おうと思ったのか?

 

など、直接聞くことができるので、

 

理想の見込み客の「本音」や「悩み」を知ることができます。

 

このことを広告に載せると売れるようになります。

 

【次へ続きます】

お客が「反応する言葉」を見つける方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA