Podcast

第435回 良い広告とダメな広告の見分け方

良い広告、ダメな広告の定義は、お客さんから反応がある広告が良い広告で、反応がない広告がダメな広告です。広告のチェックポイントは3つ。1つ目は、ヘッドコピーを見直しましょう。もっと短く出来ないかと、ヤフーニュースのタイトルは9文字から13文字にしています。短縮してください。次にチェックするポイント2つ目は、オファーです。1ステップ販売になっていないかどうか確認して下さい。2ステップ販売にしましょう。1ステップは反応を下げます。特に高額商品は。最後の3つ目は、会社名を変えても違和感があるかどうか。違和感がない場合、無味無臭の広告ということですから、かなりまずいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA