新聞記者が必ず聞く「2つの質問」とは?

投稿日: カテゴリー: マスコミに無料で宣伝してもらう方法

ここで間違えると即アウト【後編】

プレスリリースをした後、

4つの新聞社から電話がかかってきました。

 

全国紙の「毎日新聞」「読売新聞」「中日新聞」の3社は夜の時間帯(18時~19時頃)。

地方新聞の「彦根新聞」は夕方17時頃だったと思います。

 

(プレスリリースの内容は「太陽光発電の小冊子を無料で配っています」というもの)

 

電話をかけてきた4社は、みんな同じ質問をしてきました。

 

これ、私のように何も知らないで電話をとるのと、知ってて対応するのでは、

天と地の差がありますので、ぜひ、あなたも対応策を考えておいてください。

 

 

各新聞社が必ず聞いてくる質問は2つ

 

  1. 「小冊子はもらえるのですか?」
  2. 「なぜ、この小冊子を作ろうと思ったのですか?」

 

特に、この2つ目が重要です。

必ず聞かれる質問です。

 

ここで、変な答えを言うと記事になりません。

記者が喜びそうな回答を用意しましょう。

 

記者が喜ぶというのは慈善事業です。

営利目的だと思われた瞬間、「駄目だこいつ」と思われてしまいます。

 

馬鹿正直に、「お客さんに買ってもらうため」なんて言ったら絶対ダメですよ。

写真 12-06-01 13 45 38

 

まとめ:プレスリリース「マスコミに無料で宣伝してもらう方法」

 

 

無料プレゼント!

 

私が使ったプレスリリース生原稿(PDF)を無料で差し上げます。

新聞記者の友人と一緒に作ったプレスリリースです。

 

あなたがプレスリリースする際に原稿の見本として参考にして下さい。

今はまだ必要なくても、いつかきっと、あなたがプレスリリースする時に役に立つはずです。

 

さぁ今すぐどうぞ。→【無料プレゼント2】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA