売れるチラシ広告の作り方

大企業の広告は参考にならない

きれいな広告は「見るだけ」で終わる

 

広告屋がつくるチラシ広告は

きれいですが売れません。

 

基本的にデザイン重視の

きれいなイメージ広告をつくるので、

 

「結局、何が言いたいのか、よくわからない」広告になります。

 

デザインの勉強とかしているので、

綺麗に見せる(まとめる)技術は確かです。

 

しかし、売れない広告です。

 

なぜ、広告屋はイメージ広告をつくるのでしょう?

 

一昔前の大手メーカーや大企業の広告は、デザイン重視で、かっこよかったらOK。

売れるか、売れないかは、二の次だったという時代があったそうです。

 

おそらく、その時代の大手メーカーや大企業の広告を参考にしているからだと思います。

 

中小企業は大手メーカーを参考にしてはダメです。

ブランドのイメージアップに役に立つかもしれませんが、売上に直接関係しません。

 

あなたは売上に直結するレスポンス広告をつくらないとダメです。

泥臭くてダサい広告です。

 

ただし、売れる広告です。

 

 

人の目を惹きつける写真

 

 

きれいなかっこいい広告は必要ありませんが、

見にくい広告では売れません。

 

文字通り見向きもされない広告になってしまいます。

 

一番最初、パッと見た時に「おっ!」と思ってもらう必要があります。

写真だったり、広告のレイアウトだったりします。

 

ちなみに、大手や大企業がよく使う、

「人の目を惹きつける3つの写真」をご存知ですか?

 

水着をきた若い女性

WUMeMKb 20150618_842019

 

 

赤ちゃん

Cute-baby-fall_1920x1200wallpaper-baby-photo-01

 

 


20375ced40379f1e8ea26f8e6c287f042 14669_wallpaper1182998

 

この3つは、人の目を強烈に惹きつけることができます。

 

ね?

おっ!?と思ったでしょ?

 

でも、これらは目を惹きつける効果があっても、物は売れません。

ましてや、「水着」「猫」「赤ちゃん」では、関連性がないため太陽光発電は売れません。

 

 

なぜ、大企業はイメージ広告を作るのか?

 

 

それは、ブランドが確立されているので、

イメージ広告でも全然OKだからです。

 

BMW

bmw_typo_landscape_1 bmw3

 

 

 

ロレックス


1_2014041415171650as f0039351_22423596

 

シャネル


chanel_blake_140311_2 Chanel-chanel-654477_1024_768

 

お洒落でカッコいいですね。

見てて惚れ惚れします。

個人的にこういうアート(芸術)な広告は大好きです。

 

 

しかし、中小・零細企業は絶対に、

このイメージ広告を真似してはいけません。

 

なぜなら、お客さんの99.9%はあなたの会社を知らないからです。

 

「あなたの夢を叶えます、21世紀のカンパニー」とか言われても、

99.9%の人が「はぁ?何言ってんの?」ってなります。

 

だって、知らない会社だから。

 

つまり、ブランドが確立していないのにイメージ広告をすると、

「意味不明。わけわからんわ」となるだけです。

 

中小企業はイメージ広告ではなく、

お客さんから電話がかかってくる「レスポンス広告」にしなければなりません。

 

【次回へ続く】

きれいな画像は必要か?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA