Podcast

第568回 100万人の営業マンが消滅した営業職の未来

はじめての営業職は法人相手のコピー機のテレアポ即決営業でした。その後、太陽光発電を個人宅向けにテレアポの即決営業になりました。その後、ずーっと個人宅向けの太陽光発電の即決営業をしていました。営業が楽しくて仕方がなかったのか?と言われたら、嫌で嫌で仕方なかったです。こんなきつい仕事は20代のときだけで十分だと思っていました。しかし、今や40過ぎても営業職をやっています。長年続けられる秘訣を紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA