ニュースレターを書くコツ

投稿日: カテゴリー: 訪問しなくてもお客さんと良い関係が続く方法

HAPPYな気持ちを書く

 

私が発行しているニュースレターの構成は、

 

  • あいさつ
  • 最近の出来事
  • お客様の紹介
  • 太陽光発電情報
  • 雑学

 

です。

 

最近の出来事では、私のプライベートを公開しています。

◯◯へ行った。

子どもと△△した。

などの1ヶ月に1回、既存のお客さんへ見せる日記みたいなもんです。

 

ただ、注意して欲しいのは、

◯◯へ行った。

子どもと△△した。

で終わらずに、「そのとき、自分はどう思ったのか?」という気持ちを一緒に書いてください。

 

出来るだけ、読んでる人(お客さん)もhappyになれるような気持ちを書くのです。

 

決して、嫌な気持ちになった。ムカついた。などの不平、不満、泣き言を書いてはいけません。

そんな不幸なオーラ満載のニュースレターなんて誰も読みたくもないです。

お客さん離れてしまうのでネガティブ要素は全て排除してください。

 

私と付き合うだけで、こんなにhappyになれるよ。

あなたにこんなhappyを分けてあげるよ。

 

という気持ちで書くのです。

 

そうすると、あなたの送るニュースレターはhappy新聞として、

お客さんは毎月届くのが楽しみになります。

 

 

ネタがなくなったらネットを使え!

 

よくあるのが、書くネタがないんですけど…、という相談です。

ネタなんか簡単に仕入れることができます。

 

月に1回、買い物か外食に行けばいいんです。

 

それがネタになります。

 

◯◯の焼肉は絶品だった。

最近、OPENした△△に行ってきました。

 

など、家や会社に閉じこもってないで、外へ行きましょう。

それだけでネタになります。

 

もし、どうしても、ネタがない!と言う場合、

ネットを使って雑学をネタにしましょう。

 

私がたまにネタで使うのは

 

安田雑学
https://www.otona-magic.net/

情報屋さん
https://jyouhouya3.net/

TBN
https://tbn17.com/

 

で紹介されたネタです。

ネタなんてそこらじゅうに転がっています。

 

ネットを使えば、一瞬で手に入れることが出来ます。

ぜひ、あなたも読み手(お客さん)がhappyになれるニュースレターを発行してください。

 

 

まとめ【カテゴリー:「訪問しなくてもお客さんと良い関係が続く方法」】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA