出版が決まりました。

投稿日: カテゴリー: 出版

今度、東京の出版社から

ビジネス本を出すことが決まりました。

 

 

私には、出版社へのコネやツテが一切ありません。

 

そんな何のコネもない無名の新人が

「本を書きたい」と出版社にアプローチしても99%ダメらしいです。

 

その1%の壁を突破した「出版までの道」をご紹介します。

 

昔から、漠然と「本を出したいなぁ〜」と思ってはいましたが、

どうすればいいか、わからなかったので、放ったらかし状態でした。

 

2011年の頃、ランチェスター戦略・弱者の戦略の栢野克己さんのセミナーに参加した時に、

「本出したいんですけど、どうしたらいいんですか?」

と質問したら、

「今はブログだよ。ブログ」

と教えてもらいました。

 

そっか、ブログかぁ〜と、アメブロを開始。

 

ブログで目立てば、出版社の人が声をかけてくれる。

と思ってましたが、

 

  • 営業・マーケティング関連
  • 無名
  • 月に1回〜3回更新

 

出版社から声がかかることはなかったです。

 

このまま単にブログをやってるだけではダメだ。

出版社へアプローチしなきゃ!

 

それで真っ先にはじめたのが、出版社を調べることでした。

今まで気にもしなかったのですが、

出版社というと、

 

  1. ジャンプの「集英社」
  2. マガジンの「講談社」
  3. サンデーの「小学館」

 

くらいしか認識していませんでした。

 

あらためて、私がもってるビジネス本を調べると、

 

フォレスト出版

ダイヤモンド社

同文館出版

東洋経済新聞社

日経BP社

中部出版

PHP出版

…etc

 

調べたら50社以上ありました。

 

 

…知らんかった。

ビジネス本の出版社なんて気にもしなかった。

 

 

で、どうすればいいの?

 

その後、何をすればいいのか全くわかりませんでした。

まさか「本書きたいんだけど…」とテレアポするわけにはいきません。

 

知人・友人に本を書いたことがある人や

出版社に勤めてる人がいれば、よかったんですけど、私の周りにそんな人はいません。

 

ネットで調べると、

「出版パーティに参加して、そこの出版社の編集者と仲良くする」

「著者から出版社を紹介してもらう」

 

などが記載されていました。

 

そんなん無理だよ〜

東京に住んでたら、そういうパーティーに参加する機会ががあるかもしれんが、

滋賀県でそんなパーティーあらへんよ。

 

どうしていいかわからないまま時間だけが過ぎていきます。

 

【次回へ続く】

一度あきらめた出版