お客が「反応する言葉」を見つける方法

投稿日: カテゴリー: 売れるチラシ広告の作り方

ふわふわした曖昧な言葉

まず、お客さんは「太陽光発電」という文字だけでは反応しません。

 

ましてや、

 

  • 「21世紀の新エネルギー」
  • 「これからは電気を使う時代からつくる時代へ」
  • 「家計にやさしい太陽光発電のある暮らし」

 

なんて言葉では1ミリも動きません。

そういうふわふわした曖昧な言葉は「あっそ。俺には関係ねーや」と思われるだけです。

 

前回、具体的に考えた

あなたの「理想の見込み客」はそんな言葉に反応しますか?

 

断言します。

 

絶対反応しません。

ピクリとも反応しません。

1ミリも反応しません。

 

「売り手」と「買い手」には大きいギャップがある。

ということを忘れないでください。

 

広告をつくる際、必ずこのギャップが発生します。

しかも、無意識に発生しますので要注意です。

 

 

お客さんが「反応する言葉」とは?

単刀直入に言います。

それは、太陽光発電で得られる「メリット」と「デメリット」です。

 

これをヘッドコピーにもってくると必ず反応します。

 

必ず手に取り、

広告を見ます。

読みます。

 

では、どんなメリット・デメリットを書けばいいのか?

 

ここで、あなたが思う

メリット・デメリットを全て紙に具体的に書きだしましょう。

 

できれば20個以上書くことをお勧めします。

 

しかし、それではまだ不十分なので、

お客さんに書いてもらった「アンケート」を見ましょう。

 

そして、自分が書いたメリット・デメリットと

お客さんのアンケートから共通するものを見つけだします。

 

それが「お客さんが反応する言葉」です。

きっと、ふわふわした曖昧な言葉ではなく、心に刺さる具体的な言葉です。

 

【次へ続きます】

フリーペーパー広告の反応を5倍に上げた方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA