Podcast

第56回 この選択肢から逃げられない【ついつい選んでしまう魔法】

選択肢が1つしか無いと「やる」「やらない」の選択肢を迫ることになるので断られる可能性が高くなります。選択肢が2つあると「A案」と「B案」どちらにしますか?とやることが前提で選択させるので断られる可能性が低くなります。出来ることなら3つの案があるといいです。でも、3つ以上ある(多すぎる)と選びなくなるので選択肢は3つまでにしましょう。でも、選択肢も注意が必要です。この注意点も含めて、ついつい選んでします選択肢を解説します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA