「検討します」を2回言われたら尋ねる質問

投稿日: カテゴリー: 検討しますを突破する方法

お客さんの本気度がわかる言葉

 

1回目の「検討します」はトーク次第でなんとでもなります。

でも、2回目の「検討します」が出た場合、素直に検討する時間をお客さんにあげましょう。

 

ただ、期限を決めておきたいので、

「いつまでにお返事いただけますか?」と尋ねます。

 

そこで、「1週間ください」と言われたら脈ありです。

きっと、1週間後に「YES」の返事がもらえると思います。

 

これが、「2週間ください」と言われたら、ほぼダメと思っていいです。

まず間違いなく他社との相見積りがスタートしています。

 

お客さんによっては、正直に「他社の価格も見てから判断します」と言う場人もいます。

どちらにしろ、この人は「安さで選ぶ」お客さんなので、さっさと諦めましょう。

 

もちろん、そういう人は「検討した後、こちらから連絡します」と言いますが、

2週間経っても3週間経っても連絡はないと思います。

 

こちらから「どうだったでしょうか?」と連絡するまで、

音信不通状態です。

 

 

そんな奴ほっとけ

 

個人的に、こちらから「どうだったでしょうか?」と

連絡する必要はないと考えています。

 

相手も「取引するつもりが無い」から連絡せずに放置しているんです。

自然消滅したカップルみたいなもんです。

 

こういう場合、よく上司から、

「あの案件はどうなった?まだ?じゃあ早く行って来い!」等と言われると思いますが、

 

わざわざ断られに行くようなもんですから、こっちもほっときゃいいんです。

もう手遅れ、今更、何やってもダメです。

 

もし、「今回は見送らさせていただきます」と断りの連絡があれば、

「なぜ、見送りになったのですか?」と聞いてみましょう。

 

きっと、他社の名前がでてくるはずです。

そういう場合、たぶん、他社の見積り価格が安かったのでしょう。

 

その際、この人との商談の中で「他社の存在を匂わせるトーク」があったはずです。

「成約しない人の共通事項」があったはずです。

 

次回からはそれを見落とさずに商談しましょう。

 

安さ重視の人と商談するときは、

「その安さは危険ですよ」と教える必要がありますから。

 

 

まとめ:カテゴリー「検討しますを突破する方法」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA