目立てば目立つほど成約率が上がる理由

投稿日: カテゴリー: 成約率を飛躍的に伸ばす方法

顔写真を載せる

 

顔写真って嫌がる人多いです。

例えば、名刺。

 

役職と名前、会社名がどーんと記載されているだけの

「普通の名刺」をよくもらいますけど、

 

あんな名刺使ってたらダメです。

後で、名刺見直しても、何も思い出せません。

 

  • この人どんな人だっけ?
  • 顔が思いだせんな~。
  • 何の話したっけ?

 

「ゴミ箱にポイ」ってなります。

 

顔写真が載っていたら「あぁ~あの人ね」と、

思い出すことが出来ますが、

 

名前と会社名しか書いていない

「無味無臭の名刺」をもらってもお客さんは何も感じません。

 

恥ずかしがらずに、ホームページや名刺にどんどん顔写真を載せましょう。

お客さんは、何度も見るうちに親近感が沸いてきます。

 

先日、2人の保険のセールスレディが、

うちの会社に飛び込み営業しに来ました。

名刺を渡されたのですが、

どちらも、

○○生命 前田敦子(仮名)

○○生命 大島優子(仮名)

と記載されている無味無臭の名刺でした。

相手を目の前に話をしているのに、

えっと、どっちが前田さんで、どっちが大島さんですか?という状態に…。

 

ですので、顔写真は入れた方がいいです。

それに、可愛い笑顔の写真入りの名刺は捨てにくいですしね(笑)

 

でも、まぁ、●●生命みたいに大手でお堅い会社だと、

勝手に名刺を変更できないでしょうが、

 

それでも、顔写真(似顔絵)スタンプを使ったり、

ひとことメモを手書きで書いたり一工夫は出来ると思います。

 

 

ネクタイをしない

 

「保険のセールスレディ」ってすぐわかりますよね。

スーツ着てカチッとしてるんですけど、売り込み臭がするんです。

そして、どこかケバい。(風俗関係者もすぐわかりますね)

 

たぶん、自分が気づかないだけで、

そういう「業界特有の臭い」ってあると思います。

 

太陽光発電で言うと、下はスラックスで上はジャンバーとか、

ネクタイをビシッと決めているけど、身体に合ってないスーツ着たおっちゃん、

とかですかね。

 

私は、「その他大勢と違うよ」と見せるために、

細身のスーツ、

ノーネクタイ、

頭は茶髪、

サングラスか?と思うようなブルーの色眼鏡をしていました。

IMG_0145
2011年写真
web用 圧縮
2012年写真

 

今は、レーシックで視力が0.03→1.2になったのでメガネはしていませんが、

当時は(今も?)相当怪しい人物に見えてたと思います。

 

ですので、

「第一印象で見たら、僕は最低ですよ。

こんなストライプのきついスーツ着て、ネクタイもせずに、

サングラスか?と思うようなメガネかけてる営業マン見たことあります?

ないでしょ?しかも、茶髪ですよ。

こんな営業マンが家に飛び込みで来たら絶対嫌ですよね(苦笑)」

と自虐ネタをよく使っていました。

 

「でも、僕の提案する内容は最強ですよ。誰にも負けませんから」

なんてことも言ってました。

 

まぁ、こんなこと言う営業マンはほぼ皆無だと思います。

でも、そこがいいんです。

 

他の誰にも言っていないことを言うことで

お客さんの心を動かすことが出来るんですから。

 

 

普通じゃない

 

もしかしたら「その他大勢と一緒のことやってるかも?」と感じたら、

思いっきり真逆のことをやりましょう。

 

さきほどの名刺やホームページも一緒です。

会社名や名前が変わってても、

誰も気がつかないようなホームページや名刺ではダメです

 

誰でも使ってそうなセールストークでは、お客さんの心に刺さりません。

「お、こいつは普通の奴とは違うな」

とお客さんに認めてもらわないといけませんから。

 

普通じゃダメです。

 

だからと言って、悪い方へ走ってはダメです。

良い方へ走ってください。

 

人は悪い奴から商品を買いたいとは思いません。

なぜって、騙されるかもしれないでしょ?

 

ですので、

良い方への心理的ギャップを生み出すために、

いろいろ仕掛けをつくりましょう。

 

【次へつづく】

もっと売れるために◯◯を増やす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA