蓄電池はこれから伸びるのか?

投稿日: カテゴリー: マーケティング

ターゲットは20万

 

あなたは1990年から2009年までの約20年間で

太陽光発電がどれだけ設置されたかご存知でしょうか?

 

答えは、40万件

 

では、2009年から2015年までの6年間で

太陽光発電がどれだけ設置されたかご存知でしょうか?

 

答えは、140万件

 

2009年まで年間2万件だった太陽光発電の設置件数が、

固定買取制度がはじまった2009年以降、年間23万件(実に11.5倍)になったのです。

 

ずばり、蓄電池のターゲットは

2009年までに太陽光発電を設置した売電単価48円の人なので、

約40万人になります。

 

中でも当時の太陽光発電のシェアは約50%がシャープだったので、

私のようなシャープ特約店の場合、約20万世帯がターゲットになります。

 

蓄電池は太陽光メーカー関係なく接続できる機器が強いと思いますが、

市場の大きさを考えるとシャープ製の蓄電池も悪くはありません。

 

「太陽光メーカーと蓄電池メーカーは統一した方がいい」という言葉は

お客さんの心に強く突き刺さります。

 

蓄電池が本格的に売れるようになるのは2019年です。

あと2年。

 

でも、その2年を待たずして蓄電池を売ることが出来ます。

詳細はこちら→https://ureru493.com/free/80-off.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA