蓄電池のテスト販売

投稿日: カテゴリー: マーケティング

DMの反応率はどうだった?

 

正直言って、蓄電池はモトが取れない商品だから、

「銭勘定にうるさい滋賀県では難しいのでは?」と思っていました。

 

まぁ、ものは試しにと、当社ユーザーに「テスト販売のDM」を送り、

本当に反応はあるのか?と試してみました。

 

ただ、蓄電池は太陽光発電と違って極端に儲かるような話ではないので、

 

「これって儲かるの?」

と聞かれれば、

「儲かりません」

と答え、

 

「今、焦ってやらなくても、後でもっといい商品が出るんじゃないの?」

と聞かれれば、

「そう思われるなら、今、焦ってやる必要はありません。たぶん、そうなります」

と、積極的に売ろうとしませんでした。

 

さらに、

「今回のテスト販売価格以外にも追加工事が発生します。どうしましょうか?」

と追加費用が発生することも言います。

 

変に、クレームになるのも嫌なので、

蓄電池の販売に関しては、めちゃくちゃ消極的です。

 

  • 「嫌なら断ってください」
  • 「不安に思うならやめておきましょう」
  • 「無理してする必要はないですよ」

 

こんな言葉を言い続けていました。

結果、どうなったか?

 

5%の方が蓄電池を申し込みました

 

「ええ!マジで?」と、ビックリ状態です。

 

 

蓄電池を購入した人の共通点とは?

 

もともと「儲かるから」という理由で太陽光発電を導入したのではなくて、

「面白そうだから」という理由で太陽光発電を導入した人ばかり。

 

損得勘定や損益分岐点などの細かい事まで「メリットを重視する人」は一人もいませんでした。

 

そして、◯◯以上の方ばかりでした。

(◯◯はご自身で調べてみてください。地域は違えど、きっと私と同じになると思います)

 

これは、蓄電池を販売するいいテストになりました。

あなたもぜひ、「蓄電池はどの客層に受けるのか?」を判断するためにも、

テスト販売を実施してください。

 

参考までに、テスト販売に申し込まれた方に、

購入理由を聞いてみましたので、その理由を見てみてください。

 

質問:

なぜ、蓄電池を導入しようと思われたのですか?

 

回答:

いや~、太陽光もそうだけどモト取れへんやん?

でも、ええねん。面白そうだし。

それ設置して、なんか良いことあればいいな、と思ってね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA