「あなたの強み」がわかる7つの質問

投稿日: カテゴリー: 本音を聞き出すアンケートの作り方

アンケートの最大の敵とは?

 

サイズはA4用紙1枚で

アンケートの内容は7つまでにしましょう。

 

質問が7つ以上あると「うわ、多いなこれ…」

と思われてしまいます。

 

「面倒だな」と思われたら、

お客さんはアンケートを書いてくれません。

 

アンケートを書いてもらう一番の障害は「面倒くさい」です。

 

あなたは、お客さんの「面倒くさい」を

超えなければいけません。

 

広告に使うアンケートは文章を書く作業なので、

基本的に面倒くさい作業です。

 

 

アンケートをとる時期

 

当初、私はアンケートを太陽光発電を設置してから

1年経過したお客さんにお願いしていました。

 

でも、1年後ってけっこう忘れるんですよ。

私もお客さんも…。

 

ですので、オススメは、

太陽光発電を設置して1ヶ月以内にもらいましょう。

 

太陽光発電を設置して1ヶ月以内だと、

まだ、興奮している状態なので、みなさん良いこと書いてくれます。

 

逆に、興奮が冷めて太陽光発電を設置してる状態が「普通の日常」になってしまうと、

思い出しながら書くことになるので、アンケートが面倒くさい作業になります。

 

また、アンケート用紙を郵送でお客さんの家に送るときは、

アンケートと一緒に手紙を入れておきましょう。

 

アンケート書いてもらえる確率が一気に高まります。

 

私はこの手紙を同封したおかげで、

 

「20人に1人しか書いてもらえない」と言われるアンケートが、

「6人に1人」にアンケートを書いてもらうことに成功しました。

 

お客さんも、

 

「ふだん、こういうアンケートって面倒くさいから書かないんだけど、

あれは書かなきゃ!って思った」

 

と言ってくれました。

 

アンケートも、ちょっと工夫するだけで、

お客さんの反応は劇的に変わります。

 

 

お客さんに聞く質問はこれだ!

 

私が使っているアンケートの質問をご紹介します。

 

  1. 太陽光発電したいなぁと思ったのはいつ頃、どんなきっかけですか?
  2. 太陽光発電のどのような点に魅力を感じましたか?
  3. 太陽光発電を購入前、何に悩んでいましたか?またどんな不安がありましたか?
  4. それはどう解消しましたか?
  5. 購入する際、最後の決めてになったのは何でしたか?
  6. 実際、使ってみてどうでしたか?
  7. 当社のような太陽光発電の販売会社があるにもかかわらず、何が良くて当社にご依頼いただいたのでしょう?なぜ当社なのですか?

 

これをそのまんま真似してください。

 

この7つの質問があれば、広告づくりだけではなく、

営業やクロージングなどの商談時に役立ちます。

 

全てのお客さんに必ずアンケートをお願いしましょう。

あなたの「強力な武器」になります。

 

なれてきたら、質問を変えて、

あなたに会ったオリジナルのアンケートをつくりましょう。

 

ただし、質問7は絶対に変えてはいけません。

この質問7は「あなたの強み」を教えてもらう必須の質問です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA