飛び込み営業の売れるノウハウは本当か?

投稿日: カテゴリー: 営業

YouTubeで公開してるノウハウ

 

ふとしたきっかけで、

YouTubeで「飛び込み営業」と検索したら、

 

  • 絶対に断られない飛び込み営業
  • 断られない飛び込み営業セールストーク

 

など、気になるキーワードがいっぱい。

たくさんのノウハウ動画がでてきたので、試しに再生してみました。

 

  • 提案型トークは押し売りだから、質問形式トークにしろ
  • クロージングの切り返し方、こう断られたらこう答えろ

 

とかいろいろあった。

まぁ、わからん事はないけど、本当にそれ今でも通用するのかよ?

と思うのがたくさん。

 

中には、

  • お前、営業したことないだろ!
  • 何偉そうに語ってんだよ?
  • 本で得た知識をドヤ顔で語るんじゃない!

と思えるようなのもたくさんありました。

 

これ10年前、20年前ならともかく、今は通用しないよな〜

と思いながら見ていました。

 

なぜなら、私が2000年〜2007年までやってきた営業スタイルだから。

 

即断即決のテレアポ営業でセールストークバリバリの説得営業をやってました。

クロージングに磨きをかけ、スペシャルトークを作り、

YESをとらせる技術はピカイチでした。

 

「俺、営業極めたかも?」と思うようなこともありました。

 

でも、ダメでした。

 

そうやって説得しまくってとった契約が全てクーリングオフされた時、

「ああ、もうダメだ。このやり方は通用しないんだ」と思い知った瞬間でした。

 

それに、こんな心身ともに疲れる営業は続けたくない。とも思っていました。

 

それらのトークの大前提は、

  • お客が情報不足の中、決断を迫っている。
  • お客は営業マンの情報しか手に入れていない。
  • その情報が正しいかどうかも判断できない、わからない。

 

法人営業ならまだ可能性あるかもしれないが、

個人営業だと難しいんじゃないかな?というか無理でしょ。と思えるのがたくさん。

 

 

机上の理論

 

理屈ではそうかもしれん。言ってることはわかるし、そうだと思う。

でも、実際やってみると違う。全く通用しない。

 

ほとんどのノウハウがそうだと思います。

 

高反応すぎる数値は何か裏があるのです。

「裏がある」=「騙してる」とまでは言いませんが、なにか重要な事を言ってない場合が多い。

 

俗に言う「限定条件下の事実」を言ってない。

 

例えば、よく目にするAmazonランキング1位!の文字。Amazon総合になると、なかなか1位にはなれませんが、マーケティング部門だとか、経済部門などの「限られた条件」の下で1位になれば、堂々と「Amazonランキング1位!」と大きな声で言えるのです。

 

  • 当店人気№1
  • 事業部売上№1
  • 書籍アプリダウンロード数№1

とかもそうです。

この「限定条件」を言ってない(隠してる)場合が多い。

 

まぁ、それをバックエンドへつなげたいんだろうけどね。

 

だから、そのノウハウを真似してもあまり意味が無い。

重要な核となる部分が秘密になってるから。