お客さんの本音を聞く質問とは?

投稿日: カテゴリー: 本音を聞き出すアンケートの作り方

アンケートを使って本音を聞き出せ!

 

あなたはお客さんに

アンケート書いてもらってますか?

 

私がマーケティングを勉強した時に、

真っ先にとった行動が「お客さんにアンケートをとる」でした。

 

でも、よくラーメン屋さんとかで見かける

「良い・普通・悪い」に◯をお願いします。

みたいなアンケートでは何の役にも立ちません。

 

ほとんどの人が「普通」を選ぶでしょうし、

そんなアンケートを何百枚集めても意味がありません。

 

  • 何のためにアンケートをとるのか?
  • お客さんの何を知りたいためにアンケートとるのか?

 

を考えたら、「良い・普通・悪い」などの

どうしようもない質問をお客さんにしたりしません。

 

アンケートをとる理由は2つ。

 

  1. 広告で使うため
  2. 営業で使うため

 

このためだけにアンケートをとります。

 

つまり、次の新規客をつかまえるために、

今のお客さんに「売れる質問」をするのです。

 

 

NGアンケートとは?

アンケートを取る時に、ほとんどの人が、

「当店の不満点・改善点などがあれば教えてください」

という、「自分の悪いところ」を聞こうとする日本人ならではの質問があります。

 

有名な大企業ならともかく、

中小・零細企業でそんなアンケートをとってはダメです。

 

律儀なお客さんは、ご丁寧にあなたのダメなところをたっぷり書いてくれます。(苦笑)

 

人の顔が見えない大企業なら、

個人攻撃にならないのでダメなところを聞いてもOKですけど、

 

人数が少ない中小・零細企業だと、

ダメなところは直接個人攻撃になりますので、

そんな質問、お客さんに書かせちゃダメです。

 

このアンケートは次の新規のお客さんの営業にも使うので、

ダメなところは絶対聞いてはいけません。

 

ダメなところではなく、あなたのいいところを聞ききましょう。

ぶっちゃけ、それ以外の答えは必要ありません。

 

【その2に続く】

アンケートの効果的な使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA