人から信頼される簡単な方法

断定する

 

人は断定に弱いです。

「◯◯は△△です」と断定されると、「そっか~」と妙に納得してしまいます。

 

特に日本人は「曖昧な表現」を得意とし、「間違いを恐れる」傾向が強いので、

断定されると、すぐ信じてしまう人が多いです。

 

ですので、自信を持ってハッキリと断定しましょう。

 

もし、間違ってたら、

後で堂々と「間違っていました。ごめんなさい」と謝ればいいんです。

 

変な言い訳をせず、堂々と謝れば、

お客さんも気持ちよく許してくれます。

 

間違いを恐れず、物事をはっきり言う人を

お客さんは好きになります。

 

  • 本音
  • 本心
  • 良いこと
  • 悪いこと
  • メリット
  • デメリット

 

を正直に話す人をお客さんは好きになります。

 

特に、みんな隠したがる「商品やサービスのデメリット」を包み隠さず言うことで

お客さんの信用・信頼を勝ち取ることができます。

 

よく、営業では、

 

他社の悪口を言うな。

「他社の商品も良いですけど、うちの商品はもっと良いですよ」

と、他社も褒めろ。

他社の悪口言う奴は信用できないと思われるぞ。

 

と言いますけど、実際は違います。

 

 

そんなうわべの言葉をお客さんは期待していません。

 

他社の商品はクソだ!

あそこは悪徳会社だ!

 

としっかり言ってあげましょう。

 

ただし、誰もが納得できる「理由」と「根拠」と「代替案」がないと

単に、悪口言ってる「イヤな奴」になるので要注意です。

 

 

【次へ続く】

なぜ、嫌われるほどお金が舞い込むのか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.