この人から買いたいと思わせる方法

投稿日: カテゴリー: ライバルより高値で売る秘訣

人はどういう人から物を買うか?

 

お客さんから選ばれるためには、

「信用・信頼・●●」の3つが必要という話をしましたが、

 

今度はもうひとつ踏み込んで、

 

「どういう人からお客さんは買いたいと思うか?」です。

 

まず大前提として、

人は「自分より優れた人」からしかお金を払いません。

  • 自分よりすごい知識をもってる人
  • 自分よりすごい頭脳をもってる人
  • 自分よりすごい経験をした人
  • 自分よりすごい頭の回転が早い人

 

逆に言うと、

  • 自分より知識がない人には、お金を払いません。
  • 自分より馬鹿な人には、お金を払いません。
  • 自分より経験の浅い人には、お金を払いません。
  • 自分よりレベルが低い人には、お金を払いません。

 

だから、人からお金をいただこうと思ったら、

  • 人よりも、たくさんの知識が必要です。
  • 人よりも、たくさん行動する必要があります。
  • 人よりも、たくさん考える必要があります。
  • 人よりも、たくさん経験している必要があります。

 

お客さんから「あなたは凄い」と思われないと、

お客さんはあなたから買いません。価格の安い方を買います。

 

でもさぁ、どうやったら

人から「凄い!」って思われるの?

 

 

人から「凄い」と思われるには簡単です。

2つのことをやるだけです。

 

  1. アウトプットする
  2. 普段やらないことをやる

 

この2つです。

アウトプットとは、自分の考えを表に出すことです。

単なるニュースや知識、情報を伝えるだけではダメですよ。

 

自分の体験談から得た知恵や考え方を一緒に伝えるんです。

特に、未来の予測を語るのが効果的です。

 

でも、未来のことなんて誰もわからない

間違ってたら恥ずかしいじゃないか

 

と思うかもしれません。

 

大丈夫。

間違っててもいいんです。

だって、未来のことは誰もわからないんだから。

 

それに、未来のことを語れる人って、多くの情報収集してる人だけです。

自分の考えを語れる心の強い人だけです。

 

99%の普通の人は未来のことなんて考えていませんし、語ることが出来ません。

だから、未来のことを語れる人というのは「凄い人」なんです。

 

商談の時でもいいですし、

ブログやTwitter、Facebookでも何でもいいんですが、

 

とにかくアウトプットしましょう。

 

当然ですが、アウトプットしようと思ったら、

知識や情報のインプットが必要になってきます。

 

あらゆる情報アンテナを張り巡らせましょう。

自分の好き嫌いに関わらずです。

 

好きなことだけ、興味のあることだけだと、情報が偏ってしまいます。

バランスを取るためにも、違った切口が見えるようになるためにも、

あらゆる知識や情報に触れましょう。

 

そうなると、人と違った見え方が出来るようになります。

人と違った切口で、人の興味・関心を惹きつけることが出来ます。

 

そのためにも、普段しなかったことをするように心がけましょう。

 

  • 普段読まないジャンルの本を読んだり、
  • 普段見ないテレビ番組を見たり、
  • 普段通らない道を通ったり、
  • 普段しない筋トレやマラソンをはじめたり、

 

とにかくいつもと違ったことをやるように心がけるのです。

最初は小さいことでも構いません。いつもと違う小さな革命を起こすのです。

 

その小さな革命が、

いつのまにか大きな革命に変っていきますから。

 

自分の中で、普段やらない革命を起こすことで、

普段気づかなかった情報に気付くようになります。

 

新しい発見をしたいなら、普段と違うことをするんです。

普段から人と違うことをするんです。

 

つまり、「なんでもやる」という精神が大事です。

 

普段やらないことをやるというのは、

自分の苦手なことや面倒くさいことが多いと思います。

 

あえてやるというのが大事です。

 

  • 絶叫系は怖くて苦手だけど、あえてバンジージャンプに挑戦してみる。
  • ホラー系は怖くて苦手だけど、あえてホラー映画やホラーゲームをやってみる。
  • スポーツの後はいつもポカリ飲んでるけど、あえてコカ・コーラ飲んでみる。
  • いつもシャワーですましてるけど、あえて湯船に入ってみる。
  • いつも車で通勤してるけど、自転車通勤をはじめてみる。
  • 走るのは得意じゃないけど、マラソン大会にでてみる。

 

この普段やらなことをやるという考えを習慣にすると、

人から「凄い」と思われるようになります。

 

だって、普通の人は、普段やらないことは、おそらく死ぬまでやらないですから。

その普通の人というのは、きっとあなたのお客さんです。

 

だから、お客さんより、

ほんの少し凄い人になればいいんです。

 

ライバルや業界の中で圧倒的ナンバーワンの凄い人にならなくていいんです。

お客さんの中でナンバーワンになれればいいんです。

 

だから、普通の人より、ほんのちょっとだけ凄い人になりましょう。

 

そのために、アウトプットしましょう。

斬新なアウトプットができるように、普段やらないことをやりましょう。

 

これが、「この人から買いたい!」と思わせる方法です。

 

関連:「信用・信頼・●●」の3つが必要という話はこちら↓

なぜ、ライバル社より「高額」なのに売れるのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA