ネット広告に依存すると増える危険度

投稿日: カテゴリー: 少予算で売れるホームページにする方法

いずれ広告できなくなる

 

PPC広告は、いずれ使えなくなります。

実際、私はYahoo!のリスティング広告が使えなくなりました。

 

Yahoo!に問合せしても、詳しい理由は教えてくれませんでしたが、

太陽光発電のホームページに小冊子無料進呈というのが、おかしい。怪しい。

からだそうです。

 

  • 「太陽光発電」=「小冊子無料進呈」→怪しい。
  • 「太陽光発電」=「見積依頼」→OK。

 

らしいです。

 

このように、ネットの広告(PPC広告など)はYahoo!やGoogleが

ルールメイキングしているので、向こうの都合で、いきなりNGになる場合があります。

 

 

広告が停止される前に

 

ホームページ作ったばかりは、検索順位はかなり下位になっていますので、

広告を使ってアクセスを集める必要があります。

 

お金さえ払えば、検索結果の目立つ箇所に、

自社のホームページを宣伝することができます。

 

ですので、広告がだせる期間は、ある一定のアクセスは流れてきます。

 

でも、広告がだせなくなるとアクセスがガクンと落ちてしまうので、

広告が停止される前に、自社のサイトの検索順位を上位にする必要があります。

 

検索順位が上位に持って行くことができれば、

広告をださなくても、アクセスが流れてくるので安心です。

 

むしろ、経費削減にもなります。

 

 

でかいキーワードで勝負しない

 

「太陽光発電」などのビッグキーワードで

あなたの会社が上位に表示されることはほぼ不可能です。

 

上位に表示されるホームページは、一般社団法人やシャープ、パナソニックなどの

資本金2000億円以上、売上げ1兆円以上、社員数2万人以上の超一流企業です。

 

そんな会社と勝負したらダメです。

大量のお金と時間を消費したうえに絶対負けます。

 

それに、本気で検討しているお客さんは、そんなキーワードで検索しません。

 

最初はそういうビッグキーワードで検索しても

「知りたい情報が無い」ため、すぐ違うキーワードで検索し直します。

 

  • お客さんはどういう情報を探しにネット検索するのでしょうか?
  • お客さんが欲しがる情報はカタログに載ってるようなメーカーの情報でしょうか?

 

これを真剣に考えましょう。

そこに答えがあります。

 

【次へつづく】

TwitterやFacebookの活用方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA