風が吹けば桶屋が儲かる

投稿日: カテゴリー: マーケティング

昨年度よりダウンするか?

 

太陽光発電業界にとって、

平成26年度は

 

  1. 国の補助金打ち切り
  2. 買取価格の値下げ
  3. 消費税3%アップ

 

と、3大ダメージがあるので、

広告の反応は昨年と比べて下がるかな?

と思っていましたが、

 

そんなことは全然なく、今年度もバッチリな反応でした。

 

太陽光発電の広告反応率は通常1/7000~1/8000なのに、

私は1/1666という驚異的な数字(通常の4倍~5倍)を出しています。

 

問合せがジャンジャン来て、

見積依頼の電話もドンドン来ました。

 

ぶっちゃけ、昨年よりも数字がいいです。

 

広告は「消費税還元」とか、「安値」をうたった広告ではありません。

昨年と全く同じ広告です。

 

 

なぜ、反応がいいのか?

 

その一番の理由は、大阪や京都などの、県外の訪問販売の会社が

今、滋賀県に攻めに来ているからです。

 

テレアポの「電話営業」や叩きの「飛び込み営業」、

昔ながらの「訪問販売」の会社がいっぱい来ています。

 

これらの会社が頑張れば頑張るほど、

地元で広告販売している私どもに問合せが殺到します。

 

あなたも、「他県から、いろんな訪販会社が営業来とるな~」と思ったら、

ドバっと広告まいてください。

 

電話がジャンジャン鳴りますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA