警戒心をなくすためには?

投稿日: カテゴリー: 営業

なぜ、警戒するのか?

 

なぜ、お客さんは警戒するのか考えたことありますか?

一番大きな理由は、大切な物を盗られるからです。

 

「大切な物」とは、

 

  • お金
  • 時間
  • 思考

 

のことです。

 

では、なぜ大切な物を「盗られる」と思うのでしょう?

 

それは、見ず知らずの他人だからです。

 

 

今の現代人は、どこの馬の骨ともわからない

営業マンの話を鵜呑みにするほどバカではありません。

 

それに輪を掛けて、

 

何もわからない状態なのに、

いきなり売り込こんでくるから警戒するんです。

 

 

自分が何者か開示する

 

警戒心をなくす方法は簡単です。

「自分が何者なのか?」をお客さんに教えればいいんです。

 

しかも、できるだけ詳細に教える必要があります。

 

  • 家族構成や出身校、どんな想いでこの会社にいるのか?
  • なぜ、この商品を売っているのか?
  • 自分はどういう人柄なのか?

 

などを事細かく開示する必要があります。

 

ちなみに、名刺のような「○○会社の辻です」というのは

全く開示したことになっていません。

 

 

聞いてもらえる環境をつくる

 

いくら開示しても、こちらの話を「聞いて貰える環境」を作らないと、

お客さんはあなたの話に耳を傾けません。

 

どうすれば聞いてくれるのか?

 

ここは頭をフル回転して考えましょう。

 

  • 聞いて貰える環境とは?
  • お客さんの都合がいい時間帯とは?
  • その話を信じてもらうためには?

 

ヒントは、今までと違うやり方をするんです。

というか、全く逆のことをやればいいんです。

 

これが圧倒的に売れるための第一歩になります。

 

【つづく】

成約率を上げる「最適な接触回数」とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA