商売人・経営者のための「断捨離」

投稿日: カテゴリー: 営業

思考が偏る

 

あなたも小さい頃から「貯金しなさい」と親から言われましたよね?

今も昔も、「お金を使うことは悪で、お金を貯めることは正義」

という風潮がありますが、私は逆だと思います。

 

特に、現役のビジネスマン(特に、経営者や営業マン)は

もっとバンバンお金を使うべきです。

 

でないと、

 

売り手の思考ばかりになって、

買い手の思考がわからなくなります。

 

つまり、お客さんの気持ちがわからなくなります。

商売人として、「お客さんの気持ちが分からない」というのは致命的です。

 

特に、店舗経営者は積極的に、自らお店に行って商品を買いましょう。

ネットショッピングもどんどん活用するべきです。

自分自身が体験してわかる世界がいっぱいあります。

 

逆に言うと、

お金を払ってはじめて「見えてくる世界」もあるということです。

 

例えば、あなたもアスクルを活用されていると思いますが、

なぜ、アスクルで商品を買うのですか?

 

ホームセンターや文具屋に行けば、アスクルより安い商品がいっぱいあるのに…、

この「なぜ?」に答えられるようになってないとダメです。

 

また、「プレゼント」や「募金」はなるべくした方がいいです。

 

お金は天下の回り物とはよく言ったモノで、

相手に喜んでもらうお金を使うと、めぐりめぐって自分の所に戻ってきます。

 

 

言ってはいけない言葉

 

請求書を見て、ため息ついたら絶対ダメです。

逆に、請求書を見れば、

 

いつもありがとう。

よく頑張ってくれた。

気持ちよく支払います。

 

と思いましょう。

 

お金は気持ちよく払った方がうまくまわります。

 

また、

 

まだこの携帯使えるから、このパソコン使えるから…、

もったいない。

まだ使えるから。

と言って、古い機種を使い続けるのもやめましょう。

 

こういう変化の早いIT関連は人より早めに使いこなす。

という意気込みが必要です。

 

使わなくなった器具や着なくなった服も

「いつか使うかも」と言って、2年以上残すのもやめましょう。

 

2年使わなかったら、もう2度と使うことは無いと思います。

さっさと捨ててしまいましょう。

 

必要になったらまた新しいのを買えばいいんです。

新機種は、きっと新しい発見があります。

 

名言

 

ヘンリーフォード

年寄りは若いときに貯金をしろと言うが、それは間違っている。

最後の一銭まで貯めようなどと考えたらいけない。

自分に投資しなさい。

私は40歳になるまで、1ドルたりとも貯金したことがない。

※フォードは貯蓄の代わりに自分自身と、自分のビジネスに投資し続けた。

 

つまり、貯金するより「自己成長」にお金を使いなさい。ということ。

そのへんにいる一般の主婦と同じこと言ってたらダメダメ脳になりますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA