ホリエモンの営業の考え方

投稿日: カテゴリー: 営業

飛び込み営業ほど

時代にマッチしていない売り方はない!

 

ホリエモンも飛び込み営業について全否定

https://weblog.horiemon.com/100blog/34420/

 

20年前のように、情報が不足していた時代ならともかく

今は、ネット開けばすぐに情報が集まる時代。

 

なのに、なぜ飛び込み営業するのか?

意味がわからない。

 

とのことです。

 

まぁ、正確に言えば、

ホリエモンが言ったわけではなく、

 

ゲストの方が言ってるんですけどね。

 

 

逆に、

 

営業自体はなくなるとは思わない。

強化していく方針。

 

営業自体が変化していく。

 

と言ってるのは、

 

サイバーエージェントの藤田晋。

https://weblog.horiemon.com/100blog/35581/

 

 

飛び込み営業は新人に必要か?

 

飛び込み営業はキツイですよね。

心が折れます。

 

だんだん次へ行くのが怖くなります。

 

個人的に、飛び込み営業は

「いい経験になった」とは思いますが、

 

「これからも飛び込み営業やりたいか?」と聞かれれば

 

「まっぴらごめん」です。

 

仮に、私の子どもが「飛び込み営業することになった」と言ったら、

 

飛び込み営業の実態を知るにはいい経験になるが、

それ以上でもそれ以下でもない。

飛び込み営業がメインの会社は時代遅れだし、

将来性が無いから転職した方がいいぞ。

それに、お前のことを使い捨ての代替品でしか見てないしな。

 

と言います。

 

また、ある企業は、

個人宅向けの飛び込み営業の必勝法は

「風船」と言ってました。

balloon-1051718_1280

 

玄関先で風船(バルーンアート)の犬を作ります。

すると、子どもは「欲しい!」「作って!」と食いつきます。

バルーンアートが出来上がるまで、奥さんとトークが出来ます。

1個目はわざと失敗して時間を稼いでトークするんです。

これがミソなんですよ。

 

他にも、

このアナと雪の女王のマジックブックも使うと言ってました。

子どもの注意をこちらに引き付けるためです。

 

…マジか

そんなテクニックとも言えないような

小手先で幼稚な事よくやるな。

 

そんなことをドヤ顔で言うあんたの方が凄いわ。

 

 

20年前のやり方が今も通用するわけない

 

ホリエモンも藤田晋も同じことを言ってるのは、

 

  • 営業のやり方が変わってきた。
  • 昔のやり方は通用しない。
  • 新しい営業方法が出てくる。

 

ということです。

 

これは、

  • お客さんが変わった。
  • 買い方が変った。
  • 時代は急速に変化を求めている。

ということでしょう。

 

昔ながらの訪問販売は、今はまだ通用すると思います。

効率すごく悪いですけど。

 

ホリエモンの話しに出てたOA機器の飛び込み営業も

タイミングが合えば売れるでしょう。

 

忙しい社長は、わざわざOA機器の値段を調べたりしないですから

 

そういう社長は

50代・60代が多いんじゃないかな?

 

やっぱりパソコンになれていない世代は

「情報弱者」と言われる人が多いですからね。

 

でも、これからは厳しくなる一方でしょう。

パソコンになれている50代・60代の世代になりますから。