おすすめ書籍成約率を飛躍的に伸ばす方法

100%必ず売れるセールストーク

このトークでお客はファンになる

 

商談時に必ず成功するセールストークがあります。

 

必ず?

そんなバカな話あるか!

 

と思われたかもしれません。

でも、本当です。

成約率90%以上のとき、私はこの話ばかりしてました。

 

商談時にこのセールストークが出来ると、必ず成約になります。

逆に、成約出来なかった時は、このトークが出来なかった時です。

 

このトークさえできれば、

あなたも必ず売れるようになります。

 

もしかして、それって…

 

心理学を応用した段々欲しくなるトーク?

いいえ違います。

そんな難しいトークしなくても全然大丈夫。もっと簡単です。

 

細かいスペックや価格比較を表明したトーク?

いいえ違います。

うちより安いお店はゴロゴロいます。うちは激安店ではないですから。

 

相手に反論させない理論武装したトーク?

いいえ違います。

そういうトークは後でクーリングオフされるのがオチです。

 

思わず笑っちゃう漫談のような面白いトーク?

いいえ違います。

つまらないより面白い方が良いですが、面白いから売れるわけではありません。

 

 

それは特別難しいトークではありません。

誰でも簡単に出来るトークです。

 

ただ、そのトークをしようと思ったら、しっかり準備する必要です。

他人に任せてはいけません。

事前準備は全て自分でやるんです。

 

そしたら、必ず売れます。

 

 

必ず売れるトークの正体

 

結論を言います。

それは、「未来を語る」トークです。

 

決め台詞は、

 

天気予報のように、

かなり高い確率で未来を当てることが出来ます。

 

と言いましょう。

 

お客さんはせいぜい「今起きてる事」か「過去起きた事」しかわかりません。

未来が語れるお客さんは99.9%いません。

 

普通の人はそんなもんです。

 

だから、未来を語ることができる人というのは「圧倒的にすごい人」です。

ライバル業者のセールストークは「過去」と「今」しか言えません。

だって商品説明以外、何も言うことないですからね。

 

私は商談の時、商品説明(太陽光の説明)をせずに、

全く違うことをいつも言っていました。

 

人の寿命ってだんだん伸びてるのご存知ですか?

私達で90歳前後、子どもたちは100歳までいきますよ。人生100年時代です。つまり、60歳で定年退職したら、まだ30年〜40年生きなきゃいけないので…、

 

年金って誰が考えたかご存知ですか?

ビスマルクなんですよ。100年以上前の人間が考えた制度なんです。100年前の考えが今の時代に合うわけがありません。今後、年金や保険など日本はどうなっていくと思います?無くなると思います?いや無くならないですよ。無くなりはしないですけど…、

 

 

今は未来予想の書籍がいっぱい出てるので、

「あ〜その話ね。聞いたことあるよ(知ってるよ)」となるかもしれないが、

ほとんどの人は知らない(47.5%の人は本を読まない)ので、言っても全然大丈夫です。

 

私は、「寿命が100年になる」「未来の年金」「老後の働き方」などの話を

2013年頃から言っていた。

 

当時、そんなことを言う人は誰もいなかったので、

みんなから「辻さんってすごいね」「何でも知ってるね」などと言われていた。

 

だから、事前に自分で調べることが大切。

 

仮設を立てて、きっと未来はこうなるだろう。と考える必要がある。

本やテレビの話だけでは駄目だ。

自分に落とし込まないとお客さんは感動しない。

 

そのためにも自分で調べて考えなきゃ駄目です。

 

 

未来の小道具も必要

 

未来を感じさせるツールとして

iPhoneとiPadはめちゃくちゃ役に立った。

 

2010年のスマホ普及率を調べると、たったの8%。

つまり92%の人がガラケーを使っていた。

 

その当時、10年以上使っていたドコモから、まだ電波の悪かったソフトバンクにMNPし、

日本で発売されたばかりのiPhone3GSを使っていた。

 

「これから、こういう電話が普通になりますよ」とよく見せびらかしていた。

 

当時のソフトバンクは、自宅では圏外になるほど電波が悪かったので、

孫正義さんにTwitterで

「iPhoneは素晴らしいが電波悪すぎ。なんとかしてー」とDMを送ったりしました。

 

半年後、おかげで自宅近くに基地局が出来て電波バリ3になりました。

 

だから、うちの近所でソフトバンクの電波が良いのは、

俺が孫さんにTwitterで直談判したおかげやー!

 

と、商談時に笑い話として使っていました。

 

 

iPadもそう。

 

iPadが出る前は

アプローチブックをペラペラめくって説明していたが、

 

iPadのKeynoteでプレゼンすると、

みんな夢中でiPadを覗き込んだものだ。

 

初代iPadが発売されたのが2010年。

 

その頃のスマホ普及率が8%だから

iPadを持ってる人なんて1%〜2%程ではないかと思う。(アメリカで3%らしい)

 

 

だから、初代iPadとiPad3は大変お世話になった。

おかげで、よくソフトバンクの回し者か?と茶化された(笑)

 

今でこそiPadを使っての営業は普通だが、

当時、iPadを持ってる人はほとんどいなかったので、

 

みんな「すごーい」「iPadで商談する人はじめてみた」

とか言って感動してもらってた。

 

だから、私と出会って

iPhone買いました!

iPad買いました!

というお客さんがいっぱいいる。

 

未来をお客さんに体験させていた。

 

未来だ。

 

未来を見せてあげると、人は「この人、凄い!」と思います。

 

ちなみに、

未来予測は間違っても良いんです。

「未来はこうなる!」と言い切ることが重要です。

 

だからと言って、

デタラメや妄想は駄目ですよ。

根拠をもってないと言葉に説得力がありません。

 

自分で調べて、自分で考えて、自分なりの結論をだすんです。

ただのコピペではお客さんは納得しませんからね。

 

 

ちなみに、2018年のスマホ普及率は79.4%。

ほぼみんなスマホを使ってると言っていい数値です。

 

スマホを持っていない方は今すぐiPhoneに乗り換えましょう。

ガラケーなんか使ってたらお客さんからバカにされますよ。

 

 

追伸:

 

未来を感じさせる素晴らしい書籍を紹介します。

まだ読んでない方はぜひ読んでください。

 

超おすすめです。

 

著者:藤原和博

10年後、君に仕事はあるのか?−未来を生きるための「雇われる力」−

ダイヤモンド社から発売

https://amzn.to/2Bx3BP2

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA