書籍に載らなかったダメ広告

投稿日: カテゴリー: マーケティング, 売れるチラシ広告の作り方

失敗広告

 

私の著書「ダイレクト・レスポンス広告」を使って高額商品をバンバン売る法

には他社の広告が載っている。

 

中でも失敗広告、売れない広告の事例として

 

Google画像からひっぱてきた太陽光発電のチラシ画像と

シャープがつくったチラシ画像を掲載した。

 

著作権の問題があったので

Google画像からひっぱってきたチラシ広告の画像はボカシを強くした。

(シャープのチラシは勝手に掲載w)

 

そこで、過去、私がやって失敗したチラシ広告を公開しようと思う。

 

まぁ正確に言えば、

私ではなく父が作ったチラシなのだが

 

まだ有限会社の頃だし、

住所も自社ビル前の雑居ビルに入ってた時の広告だ。

 

ダイレクト・マーケティングの「ダ」も知らなかった頃で、

テレアポでガンガン売っていた頃、

チラシ広告をバカにしていた頃だ。

(こんな広告でアポが取れたら世話ないわと完全にバカにしていた)

 

こんな恥ずかしい広告を公開するのだから、

あなたは私と同じ過ちを犯してはいけない。

 

反応の取れないチラシ広告とは、どういうものかがわかると思う。

だから、ぜひこの失敗広告を見て

  • 何がダメなのか?
  • どこがダメなのか?
  • なぜダメなのか?

を診断してほしい。

 

そうすれば、成功広告のヒントがたくさん見つかるはずだ。

ぜひ、プリントして書き込みしてみよう。

 

【失敗広告その1】(←PDFで開きます)

 

【失敗広告その2】(←PDFで開きます)

 

どうだっただろう?

 

もし、あなたも同じようなチラシ広告を作っていたら

それは間違いなく失敗する。

 

なぜなら、10年以上前に

私たち親子が身銭を切って失敗しているからだ。

 

 

失敗は父が作った広告だけではない。

もちろん、私が作ったチラシ広告も失敗している。

 

私が作って失敗した広告は書籍に掲載している

あの文字ばかりのチラシ広告だ。

 

【失敗広告その3】(←PDFで開きます)

 

書籍にも書いたが

私が作った広告の中で一番失敗した広告。

 

ダイレクト・レスポンス広告を勉強して反響も好調。

「よっしゃー!ガンガン行くぞー!!」と調子に乗ってる時だ。

 

4色カラーだから写真はなくても大丈夫だろう

と思ってやってみたら大失敗。

 

問い合わせ0件という最悪の結果だった。

 

反面教師よろしく、

あなたも過去の失敗広告を見習って失敗しないで欲しい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA