チラシの勝負が決まる0.3秒とは?

投稿日: カテゴリー: 売れるチラシ広告の作り方

広告は0.3秒が勝負

 

あなたが新聞の折込チラシを見るときを思い出してください。

 

パラパラと見て「あっ、これ興味がある」と思ったチラシを

チラシの束から抜きだして見ていませんか?

 

この「あっ、これ興味がある」と思うのは

0.3秒~0.7秒と言われています。

 

つまり、チラシは0.3秒で勝負が決まります。

この0.3秒で「あっ!興味ある」と思わせる必要があります。

 

逆に、ここで「あっ」と思わすことが出来なければ、

お客さんは、あなたのチラシを永久に見ることはありません。

 

あなたのチラシは、お客さんにとって「存在しなかった」と同じになります。

 

2つの武器で勝負に勝つ

ここで、0.3秒以内に「あっ」と思わせるのが

 

・画像

・ヘッドコピー(タイトル)

 

チラシの「大きさ」や「厚さ」を変更することで、反響がUPするとも言われますが、

最重要ポイントは「画像」と「ヘッドコピー」です。

 

パッと目に付く画像で「おっ?」と思わせて、

飛び込んでくるヘッドコピーで「これ興味ある」と思わせるのです。

 

これが出来なかったら、

あなたのチラシは、お客さんの手に取ってもらうことすら出来ません。

 

この「0.3秒の勝負」はチラシだけでなく、

ホームページも同じです。

 

ホームページを開いた瞬間、目に飛び込んでくる「ヘッドコピー」で

「興味ある!」と思わせることが出来なれば、

 

すぐ右上の☓ボタンを押してサイトを閉じてしまいます。

 

しかも、ホームページの場合、一度☓を押されたら、

もう二度とお客さんは訪れることはありません。

 

この0.3秒の勝負は「オンライン」も「オフライン」も同じです。

 

 

もうひとつの強力な武器

 

古今東西、老若男女、広告で一番お客さんの心に刺さる強い言葉は「無料」です。

いくら安くても有料と無料では、天と地の差があります。

 

「無料(タダ)だったらちょうだい」

「お金かかるんならいらんわ」

 

この言葉って、若い子から、おばちゃんまで、みんな使いますよね。

 

「無料」という言葉は、人を魅了する魔法の言葉です。

 

中でも、インターネットを日常から使ってる世代は「無料が当たり前」の世代です。

メール・ブログ・検索エンジン等ほとんどのものが無料で使えます。

 

最近では、ゲームも無料です。

 

これからどんどん無料のものが増えてきます。

あなたもお客さんに「無料」で何かプレゼントできるものをつくってください。

 

特に、お客さんが欲しい物を

「無料」でプレゼントすると、とても喜ばれます。

 

あなたのライバル社は「少しでも有料にしたい」と思っていますから、

あなたが無料でプレゼントした瞬間ライバルに勝てます。

 

 

追伸:

 

あなたのスマホに入ってるアプリを見て下さい。

ほとんどが無料のアプリばかりではないでしょうか?

 

  • パズドラ
  • モンスト
  • つむつむ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Evernote
  • Dropbox

 

あなたも無料【フリー】戦略を取り入れましょう。

 

ただ、フリー戦略の注意点として、

お客さんから見て、興味のないものは「無料(タダ)でもいらん」と思いますから、

無料だからといって手抜きせず、魅力あるものを作りましょう。

 

【次回へ続く】

広告業界のウソ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA