きれいな画像は必要か?

投稿日: カテゴリー: 売れるチラシ広告の作り方

人は画像で買わない

 

人の目を惹きつけるのに画像はとても効果がありますが、

画像だけではダメです。

 

売れません。

 

ルイ・ヴィトンの広告

405e91aa

lv_2010_2011aw_visual-thumb-600x385-28528

 

いや、そんなことない!

私はこのルイ・ヴィトンの広告を見てバッグ買ったもん!

 

という反論があるかもしれませんが、

それは、あなたが「ルイ・ヴィトン」を知っていってファンだから買ったのです。

 

  • 憧れていて、いつか欲しいと思っていた。
  • すでに持っていて、その良さを知っている。

 

のどちらかに当てはまるから買ったのです。

ルイ・ヴィトンを知らない人が、上の広告を見ても絶対買いません。

 

それに、全く同じ写真でも、「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」の文字が

「しまむら」になった瞬間、絶対買わないはずです。

 

画像だけの広告(究極のイメージ広告)は、

強力なブランドが確立している会社がやるから意味があるのです。

 

ルイ・ヴィトンの携帯ケース?手帳カバー?靴下?……全部欲しい!

ルイ・ヴィトンだったら買う!

 

というファン(信者)がいるから成り立つ広告です。

「見る」だけで購入意欲が沸くほど、ブランドが確立されているから成り立つのです。

 

ブランドが確立できていない中小企業が、

イメージ広告した絶対失敗します。

 

あなたの会社は「99%の人が知らないし、興味も無い」

という事実を覚えておいてください。

 

 

文字を使うと売れる

 

それに、あなたが作るチラシの目的は、

「買ってもらう」ことであって、「見てもらう」ことではありません。

 

無料の小冊子やレポートを提供するなら、「0円で買ってもらう」ことが目的です。

 

では、買ってもらうためにはどうすればいいか?

 

文字で教育するのです。

お客さんの悩みや疑問点を浮き彫りにさせるのです。

 

ふだん、漠然としていたモヤモヤした思いを具体的にハッキリ明確にして、

「あなたは◯◯や△△で困ってますよね?」と広告で問いかけるのです。

 

すると、広告を見たお客さんは「そうそう、そうなんだよ」とあなたに共感します。

そして、「その悩みは◎◎を使えば解決できますよ」と訴えます。

 

お客さんは、自分の悩みを解決してくれるものには、惜しむことなくお金を払います。

それが無料だったら、なおさらですね。

 

それから、

 

「広告にはカラーできれいな写真が必要か?」と聞かれれば、

私が実践してきた答えは「NO」ですね。

 

「ないよりかは、あったほうがいい」という程度です。

商品によるとは思いますが、画像なしでも売れます。白黒の写真でも売れます。

 

実際、私がつくるチラシは文字中心です。

 

・画像だけ→全く売れません

・文字だけ→少し売れます

・画像+文字→めっちゃ売れます

 

チラシという媒体を使って、

お客さんを教育すると高額商品でもチラシで売れます。

 

【次回へ続く】

チラシの勝負が決まる0.3秒とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA