30過ぎて営業なんか「やりたくない!」と思っていた

テレアポの即断即決営業をしてた頃

20代の頃、即断即決の営業しか知らなかった私は、

 

さっさと、こんなきつい仕事をやめて上に登らなきゃ。

いつまでもこんな仕事していてはいけない。

 

と、心底思っていました。

 

  • お客さんから害虫扱い
  • 白い目で見られ
  • 怒鳴られ
  • 敵意むき出しの中
  • つくり笑いですりよっていく

 

本当に嫌でした。

 

こんな仕事はしたくない。

こんな苦しい思いするのは20代の時だけで十分だ。

30過ぎてこんな仕事してられるか!

こういうキツイ仕事は部下にさせればええんや。

俺はもうしたくない!

 

って、ずーっと思っていました。

 

20代の頃、あれだけ嫌だった営業を、

35才過ぎても、今も現役でやってるのは自分でも驚きです。

 

 

20代の頃と、今は何が違うのか?

 

正直、今の営業は楽しいですね。

説得するための心理戦を使ったトークは、ほとんどしていません。

 

20代の頃やっていたクロージングも使っていません。

 

これは、補助金や買取制度などの「時代が後押ししている」のもありますが、

「説得営業」から「納得営業」に変わったのが大きいと思います。

 

納得営業なら、即断即決してた時みたいに、

「今、この場で決めてください!」って言わなくても、お客さんが自然に決めます。

 

見積をだすと、9割以上の人が「検討します」ではなく

「これでお願いします」と言います。

 

要は、やり方です。

「やり方」で全て決まります。

 

【つづく】

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.