なぜ、あの広告は反応が悪いのか?

投稿日: カテゴリー: 売れるチラシ広告の作り方

良い広告・ダメ広告の

簡単な見分け方

 

広告をはじめて作った場合、

この広告が良い広告かダメ広告かわからない。

 

どれだけ自信作でも、いざ市場に出してみたら全然ダメだった…

という苦い思い出は誰でも経験してるはず。

 

「やってみなきゃわからない」というのが本当のところだが、

成功する可能性を1%でも高くするために、

その広告が良い広告かダメ広告か見分けがつく2つの方法を紹介します。

 

まずは基本中の基本

「ヘッドコピー」

 

ヘッドコピーの何をチェックするかというと…

文字数です。

 

インターネットの情報販売などのサイトは、

ヘッドコピーが長くて多いページをよく見かけますが、実際の広告は、

ヘッドコピーの文字数は多ければ多いほど読まれないです。

 

もう一度言います。

ヘッドコピーの文字が多すぎると読まれないです。

 

広告を何度も作ってると、

だんだんヘッドコピーが長くなっていきます。

 

「インパクトのある言葉を伝えたい!」という想いが強すぎると、

文字を小さくしたり、縮めたり、色を使ったりして工夫しますが、

やっぱり読みにくいです。

 

読みにくいということは、パッと広告を見た時に、

言葉のメッセージが飛び込んでくるのではなく、「文字がぎっしり」というイメージが入ってきます。

 

そうなると、もう読んでくれません。

 

ダイレクト・レスポンス広告は「見てもらう」ためではなく、「読んでもらう」ための広告なので、

いきなり「読みにくい」「読むのに苦労する」というイメージを与えてはいけません。

 

だから、ヘッドコピーはなるべく短くしてください。

文字数を少なくしてください。

それでいて心に刺さるよう作ってください。

 

実際、人が一度に認知できる文字数も9〜13文字と言われています。

Yahooトピックスなどは13文字以内に設定されていますしね。

 

 

最後の最後

会社名を変えてみる

 

これ意外と重要です。

だけど殆どの人がやっていません。

 

広告を作った後、あなたの会社名を他社名に変更して下さい。

 

もし、何の変哲もなく、スムーズに広告を読み終えたら、

その広告はきっと失敗するでしょう。

 

なぜなら、あなたのカラー(独自性)が何一つない広告だからです。

どこにでもある普通の広告ということです。

つまり、誰にも相手にされないということです。

 

他社の名前に変更したら「使えない広告」というのが

あなただけのオリジナル広告です。

 

他社の名前を入れても大丈夫な広告は

あなたの会社の長所や持ち味が「何も記載していない」ということです。

ライバルとの違いが何も書かれていないからです。

 

そんな無味無臭の広告が大成功するわけがありません。

 

  • ヘッドコピーがやたら長くて、読む気を失せる広告
  • 他社の名前に変えても使えてしまう広告

 

というのは、失敗する可能性が高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA