Podcast

第268回 営業に地域性はありますか?

地域性はあります。実際、名古屋で太陽光発電を売ってるとき、そのままの営業トークでは通用しませんでした。名古屋で太陽光の販売していた時のメインになるセールストークは「環境を熱く語る」ことでした。実際、それで売っていましたし売れる自信もありましたが、滋賀県彦根市に戻って太陽光発電を販売したとき、この環境を熱く語るでは全然ダメでした。近江商人の街だからなのか「もとは何年でとれるのか?」「損益分岐点はいつか?」という銭勘定の人が多かったです。どれだけ環境を熱く語っても、そんなのはどうでもいいわ。と言われて終了だったので、セールストークを変えました。お客さんによって地域性というのがあるので、お客さんに合わせてセールスを変えるべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA