テレアポの具体的なテクニック「トーク集」

投稿日: カテゴリー: アポイントを取る秘訣

アポが取れない時の対処法

 

話し込んで、いざアポをとろうした時に

サクッとアポがとれることって、あまりないですよね。

 

お客さんは、

「話も悪くない」

「でも、ちょっと会うのが怖いな~」

というのが本音です。

 

そこで、

「話だけですから!」

「買わなくてもいいですから!」

なんて言うと

 

アポの質が下がります。

それに、お客さんが本当に怖がってアポを断ってきます。

 

「限定トーク」を使ったり、

→「期間限定で先着3件様には、特別価格でのご案内です」

→「保証料・保険料を無料にした特別金利制度も、もうすぐ終了です」

→「本来、このようなことは無いのですが、今なら新製品との入れ替えの時期なので、特別価格でご案内できます」

 

「安心させるトーク」を使って、

→「ご判断は○○様がすることです。いいか悪いか自由に決めて下さい」

→「当社はしつこい勧誘や、何度も何度もお家にお伺いいすることはありません。基本は1回の訪問でお話しさせて頂きますので、小一時間ほどお時間頂ければ、お話は1回で済みます」

→「担当者が気に入らなかったら、いつ断って頂いても結構です。ネクタイの色が気に入らない場合でも断って頂いていいですよ(笑)」

→「担当者は、まだ若いですが、おもしろい人物なんで、軽い気持ちで会って頂いても大丈夫ですよ」

アポをとりましょう。優柔不断な人はけっこう多いです。

 

また、時間設定は必ず「二者択一」にします。

 

本当に時間が合わない場合もありますが、時間設定ができないのは、まだ怖いのです。

(お客さんは、見知らぬ営業マンと会うのが不安なんです)

 

根本的に決断ができない「別の原因」が必ずあります。

安心させましょう。

 

直接聞いてみるのも1つの手段です。

  • 「他に何か、ひっかかってるとこはありますか?」
  • 「何か私に言ってないことが、ありますよね?」
  • 「おっしゃってください!」

 

話が10分20分と長くなると、

もともとの目的を忘れて、細かいところばかり気にするようになります。

 

そういう時は話を元に戻して、気付かせる!

そして、必要性をアピールします。

 

あなたの電話を待ってるお客さんは必ずいます。

 

太陽光発電は「やってよかった」と呼べる商品であり、

購入して後悔してる人は一人もいません!

 

「もっと早く出会いたかった」と全てのお客さんから喜ばれてます。

 

さぁ!あなたの電話を待ってる人は、すぐそこです。

どんどん効率よく電話しましょう。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

これらをアポインターさんに配っていました。

他にも、一発切り返しトーク集などもありましたね。

懐かしい思い出です。

 

【次へつづく】

アポが取れる「たった1つの真実」とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA