出版

AmazonのKindleで電子書籍を出版デビュー

Kindle本ランキング1位

 

私の著書「ダイレクト・レスポンス広告」の元ネタになった小冊子を電子書籍としてAmazonのKindleと楽天KOBOで販売しました。

 

AmazonのKindle本ランキング

広告・宣伝1位

営業・セールス1位

になりました。

 
 

 

 

もしよかったら、ダウンロードしてお読みください。

0円で販売しているので無料で読めます。

 

電子書籍「ダイレクト・マーケティングを使った広告戦略」

Amazon
https://amzn.to/2WeYD6w
 

楽天
https://books.rakuten.co.jp/rk/e05a77e09e323bbdab8bdc0032fb6862/

 
 

紙の書籍「ダイレクト・レスポンス広告」はキングコング西野の「革命のファンファーレ」のおかげで最高2位止まりでした。

 

1位取れなかった。

悔しーヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

 

 

 

電子書籍を出版してわかったこと

 

電子書籍を自分で出版してみて、わかったことがあります。

電子書籍の出版は超簡単です。

 

ぶっちゃけ、誰でも作家になれます。

 

おそろしいほど簡単なので拍子抜けしたほどです。

業者に頼らず自分で出来ます。

 

しかも、全部無料で。

 

でも、当初、電子書籍って、どう作るのかさっぱりわからなかったので、業者の人に頼もうと思っていました。

 

どこの業者に頼もうかなぁと思ってWebで検索していると、「ココナラ」というサイトならKindleの出版代理をしている個人の方が安くてオススメ。という記事を発見。

 

ココナラ
https://coconala.com/

 

覗いてみると、原稿があれば、5千円から1万円でKindleの電子書籍の出版をしてくれるみたいです。当初、ここで頼もうと思っていましたが、もう少し調べてみると

 
 

  • Kindleの電子書籍は簡単に作成することが出来る。
  • Wordがあれば超簡単。

 

とのこと。

 

マジで?

 

せっかくなので自分で作ってみることにしました。

原稿はもうすでにあるので、一番ネックなのは書籍の表紙。

 

表紙はココナラで頼もうと思っていたら、

Canvaというサイトなら無料でオシャレな表紙が作れる。という情報を発見。

 

Canva
https://www.canva.com
 
 

おいおい。

電子書籍って全部無料で出来るやん。

 

しかも簡単に。

 

紙の出版がけっこう大変だったのに電子書籍の出版は超簡単でお手軽。

 

しかも、全部無料。

 

なるほど、電子書籍は紙の本と違って権威が全く無い。

なんて言われる理由がわかった。

 

誰でも出来るもん。

 

作った本人が一番ビックリ。

あまりにも簡単すぎる。

 

まるでインスタントラーメンだよ。

 

もし、あなたも「出版したいなぁ」と思ったら電子書籍も1つの方法です。

簡単に出来るので、ぜひ挑戦してみて下さい。

 

AmazonのKindleで出版する方はこちらのページから手続きできます。
https://kdp.amazon.co.jp/ja_JP

楽天のKOBOで出版はこちらからどうぞ。
https://books.rakuten.co.jp/e-book/rakutenkwl/

もしよかったら、私の電子書籍をお読みになったら、

ぜひ、レビューもお願いします。

Amazonはこちら

https://amzn.to/2WeYD6w

楽天KOBOはこちら

https://books.rakuten.co.jp/rk/e05a77e09e323bbdab8bdc0032fb6862/

 

無料です。

 
 

追伸:

私はMacを使ってるのでiBooksでも出版しようと思い挑戦しましたが、

エラーが出て出来ませんでした。(´・ω・`)

誰かわかる方教えて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA