Podcast

第384回 魅力的な小冊子を書く方法

営業畑出身の人は小冊子を書いたことが無い人ばかりだと思います。文才がなくても関係なく、国語の成績が悪くても、関係なく読んだら人が「あなたから買いたい!」「あなたの話を聞きたい!」と思わすためにはどうしたらいいかを必死で考えました。小冊子で一番大切な場所は「冒頭」です。「つかみ」と言われている箇所です。強烈なインパクトを与えるつかみをかつくるためにどうすればいいかを解説します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA