お客さんはどんな営業マンが好きになるのか?

投稿日: カテゴリー: ライバルより高値で売る秘訣

自分は何者か?

 

まず、情報公開が必要です。

お客さんに「自分がどういう人間なのか?」を知ってもらうためです。

 

  • 趣味や特技
  • 好きなメーカー・ブランド
  • 好きな食べ物
  • 住まい
  • 家族構成

 

…等を会話の中に盛り込みます。

 

レターを使う人や、

ブログを使ってる人はそこで自分を公開します。

 

とにかく、

 

「自分が何者なのか?」

「どういう考えなのか?」

 

をできる限り公開します。

 

  • 出身地が一緒
  • 同じ学校出身
  • 好きなもの
  • 考え方が似ている

 

等の共通点があると、

お客さんとの距離が一気に縮まります。

 

そして、

 

  • なぜ、この仕事をしているのか?
  • この仕事・商品を通じてお客さんにどうなって欲しいのか?
  • 今まで、どういうつらい思いや苦しい思いをしてきたことがあるのか?
  • そういう経験・体験から、どんなお客さんに買ってもらいたいのか?

 

情熱・理念・信念・ビジョンをできるだけ公開します。

 

お客さんは、そういう「熱い人」から商品を買いたがります。

お客さんは、そういう「熱い人」が大好きです。

 

逆に、「正体不明のセールスマンにはお金を払いたくない」という心理もあります。

 

自分が苦労して稼いだお金を、

正体不明の「怪しい人」に使いたくないのです。

 

特に、意思決定に時間がかかる高額商品の場合なおさらです。

 

  • 「情熱をもって商品を販売している人」
  • 「儲かりゃ何でもいいと思って商品を販売している人」

 

同じような商品、同じような価格なら、

あなたは、どちらの人から買いたいと思いますか?

 

お客さんの立場で考えたらすぐわかることです。

 

 

ただ、注意点があります。

 

「政治」「宗教」「人種」の考えは公開してはいけません。

商売にそれらの3つは必要ありません。

 

【次へつづく】

人から信頼される簡単な方法

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA