反応が良かったFacebook広告とは?

投稿日: カテゴリー: ゼロからはじめる売れる広告作成術, マーケティング, 売れるチラシ広告の作り方

Facebook広告のA/Bテスト

 

書籍「ダイレクト・レスポンス広告」が発売したと同時期にFacebook広告を開始しました。

Facebook広告は面白いですね。

 

広告の設定を細かく調整できるので、

広告媒体としてGoogleよりも優れていると思います。

 

そこで私がやったのは

  • 「売れる493」のホームページに誘導する
  • 目的は書籍の購入

そこで面白い結果が出たので報告します。

 

広告A

出版前の小冊子を無料プレゼントする広告

 

 

広告B

書籍の前半35ページを無料で読める広告

 

どちらの広告が反応良かったと思いますか?

 

はじめの1週間で出た結果は…

 

ほとんど同じでした。

クリック単価も21円と同じ。

クリック率も全く同じです。

 

ほとんど差はありません。

 

どっちが良い広告か?

1週間のテストでは分からなかったので、さらに広告を続行しました。

 

すると、少しづつ差ができてきました。

差と言っても本当に小さな差です。

 

1ヶ月経過した結果、

クリック率が最も良かったのは「広告A」でした。

 

クリック率16円です。

最も反応がとれる広告だと判断しました。

 

それに対して「広告B」はクリック率22円。

20円を切ることは無かったです。

 

でも、今使っている広告は「広告B」です。

 

なぜか?

 

理由は単純で、広告Aよりも広告Bの方が書籍の売上が良いからです。

広告の目的は「書籍の販売」ですからね。

 

広告の反応率が高い方が最も良い広告とは限らない。

という事例でした。

 

ぜひ、参考にして下さい。

 

 

追記:

 

おかげさまで、広告だけでなく紹介されたこともあって、

Amazonランキング広告宣伝ギフトランギング第2位

 

Amazonランキング広告宣伝の売上第4位になりました。

 

ありがとうございます。

まだ書籍を購入していない人はぜひどうぞ。

 

Amazonのページへ→【Amazon】

紀伊国屋のページへ→【紀伊國屋書店】

楽天のページへ→【楽天ブックス】

 

 

 

 

追記2:

 

昔お世話になった先輩からうれしい連絡がありました。

 

先輩

「出版おめでとう!凄いなぁ。ぜひ買わせてもらうわ!」

「よかったらアマゾンレビューもお願いします」

先輩

「任せろ!」

 

それから数週間後、

 

先輩

「よく書けたな!面白かったよ。また追加で注文したったわ!」

 

「マジっすか!?(え、なんで2冊も注文してくれたの?)ハッ!

部下に読ませるんですね」

 

先輩

「それもあるけど、お客さんに渡すんや。

手ぶらで行くよりお土産あった方がいいやろ。そのお土産にや」

 

なるほど!

BtoCのお客さんにお土産に渡す。いやBtoBでも喜ばれるに違いない。

これはお菓子よりもいいお土産になる。

読書好きの社長さん、勉強熱心な社長さんには必ず喜んでもらえる。

マーケティングが好きな人には大好物の内容だ。

 

あなたもぜひ、お客さんへのお土産用にどうぞ。

 

Amazonのページへ→【Amazon】

紀伊国屋のページへ→【紀伊國屋書店】

楽天のページへ→【楽天ブックス】

 

 

ちなみに、

先輩からのAmazonレビューはまだもらっていません。

 

この記事を読んでるあなたも

書籍を読んで「面白い!」と思われたら是非Amazonレビュー書いて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA