チラシ広告の反応が落ちる前兆とは?

投稿日: カテゴリー: マーケティング

2つの兆候を見逃すな

 

売れる広告が作れたら、

反応が落ちるまで「ずーっと使い続ける」のが原則です。

 

でも、どれだけ反応がとれる広告でも、

同じ広告を何年も使っていると、ある日突然、反応がガタ落ちします。

 

いきなり、反応が下がるので、

「ありゃりゃ!?何で??」ってなります。

 

でも、何の前触れもなく反応が下がるわけではありません。

反応が下がる前兆は2つ

 

1.チラシからの反応は高いのに、成約率が極端に落ちた時。

2.その広告を2年以上使い続けた時。

 

この2つです。この2つを照らしあわせて、

新しい広告にシフトするかどうか判断したらいいと思います。

 

特に、1つめ、

 

チラシ広告の反応は相変わらず高い、

2000~3000に1件の問合せなのに、商談になると、全然成約にならない。

また、商談すら出来ない。

 

という事態になったら要注意です。

次、反応が極端に下がるかもしれませんので、新しい広告を使いましょう。

 

ちなみに、過去、ものすごく売れた広告というのは、

4年ほど期間を空けると、また高い反応に戻る。と言われています。

 

新しい広告が作れない!ネタ切れだ!ってなったら、

4年前ヒットした広告を再度使ってみるのもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA