失敗からわかった「3つの基本」

投稿日: カテゴリー: 売れるチラシ広告の作り方

最低1万枚

ケチケチして月2千枚、3千枚とかでは、効果があるチラシなのか、

効果が無いチラシなのか判断するのに2ヶ月~3ヶ月かかってしまいます。

 

それでは、モチベーションも上がりませんし、

時間を大幅に消費してしまいます。

 

実際、私がチラシ広告で大逆転できたのは広告1万枚でした。

チマチマやっていても、いたずらに時間だけがかかって、成功できません。

 

高額商品のチラシの反応は「1万枚に1件」これが平均値です。

この1万枚を基準にして判断しましょう。

 

 

チラシは1つ、目的も1つ

 

ポスティングをはじめた当初、

複数の広告を同時に入れていました。

 

  • 太陽光のチラシ
  • バイト募集
  • 見積依頼
  • 資料請求
  • 電話相談など

 

お客さんはこのチラシの束やゴチャゴチャのチラシを見た時、

「げ~、何これ?もうええわ」と拒絶反応を起こします。

 

お腹いっぱい、胃もたれ状態です。

拒否ではなく拒絶です。

 

「シンプル・イズ・ベスト」という言葉があるように、

広告で伝えたいメッセージは「1つだけ」の方が良いです。

 

というか、1つにしないとダメです。

 

 

ダメなものは何度やってもダメ

 

あなたも広告の営業マンに

 

広告は何度もやるから認知度が広がって効果があるんです。

1回だけでは成功か失敗かわからないですよ。

 

って言われたことないですか?

 

ハッキリ言います。ダメな広告は何度やってもダメです。

また、他社と同じようなモニター募集の広告を真似しても反応はとれません。

 

反応があっても7千~8千枚で1件の問合せで終わります。

 

また、広告屋さんは、ある程度の広告の知識を持っていますが、

全然教えてくれません(苦笑)

 

はっきり言って、大したことない知識(今から思えば)ですけど、

広告のことを何も知らなかった時は、いろいろと教えて欲しかったな~。と思いました。

 

でも、逆に、そういう昔ながらの広告屋の知識を知らなかったおかげで、

売れる広告が完成したのかもしれません。

 

【次回へ続く】

5つの欲望をビジネスで応用する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA