お客がネットで検索する2つの理由

なぜ、お客はネット検索するのか?

 

買い物するときのネットを使う人の心理は、

たった2つと思った方がいいでしょう。

 

それは、

 

  1. 「もっと安いところないかな~」
  2. 「もっと他に良いものないかな~」

 

この2つです。

前回紹介した最近派手に宣伝しているネットの業者は、

お客さんの「もっと安いところないかな~」に焦点をあてて商売しています。

 

まぁ、こういう業者は、どの業界でも必ず出てくるので、

別にいいんですが、中小企業のあなたはそこに焦点を定めてはいけません。

 

後者の「もっと他に良いものないかな~」に焦点をあてるのです。

 

 

ここで勝負する

 

「他に良いものないかな〜」は2つの意味があります。

 

  1. 他のメーカーはどう違うのだろう?
  2. 他に良い会社はないだろうか?

 

この2つです。

 

太陽光発電は

 

  • シャープ
  • パナソニック
  • 京セラ
  • 三菱
  • 日立
  • 東芝

 

…等、その他にもいろんな国内メーカーから販売しています。

海外メーカーも

 

  • サンテック
  • カナディアンソーラー
  • ソーラーフロンティア

 

…等々数がありすぎて、混乱してしまいます。

 

お客は「太陽光発電はどこのメーカーが優秀なんだろう?」と思って、

メーカーのホームページを調べます。

 

でも、みんないいことばっか書いてある…、

余計わからなくなった!

 

その後、地元で太陽光発電扱ってる会社はどこかあるかな?と調べます。

 

 

ここです。

ここに必ずヒットするようにしてください。

 

 

ここに検索で来る人たちは、

価格の安さだけで契約したりする人ではありません。

 

もっと総合的なものから判断しますので、

ネットではこの人たちにアプローチしてください。

 

絶対、最安値!なんてやってはダメです。

それした瞬間、安値競争、価格競争の渦に巻き込まれます。

 

そんなレッドオーシャンに巻き込まれるくらいなら、

「うちは高い!」と宣言した方がいいです。

 

 

【次へつづく】

ホームページで最も重要な3つのページ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.