売れないホームページ2つの特徴

投稿日: カテゴリー: 少予算で売れるホームページにする方法

きれいな言葉は嘘くさい

 

少し前まで、太陽光発電を扱っている会社のホームページを見ると、

たいていこう書いてありました。

 

  • クリーンエネルギーで自然を大切に…
  • 子どもたちの笑顔のために…
  • 21世紀のエネルギー…

 

いやいや、「クリーンエネルギー」や「子どもたちの笑顔」を前面に出してきても、

お客さんには全く響かないです。

 

  • 太陽の光は無尽蔵、
  • 太陽の光はクリーン、
  • 太陽の光は神様の恵み、

 

などを言っても、

そのためだけに何百万円のお金払う人はいないですからね。

お客さんって、そんな意識の高い人ばかりではないです。

 

そんなきれい事ばっかり言ってるホームページ見せられたって

誰も嬉しいと思わないです。

 

歯の浮くような台詞をどれだけ並べても、

「それって本音じゃないよね」ってお客さんはすぐわかります。

 

そんなこと書いてもムダなんで、やめておきましょう。

 

そういう「環境」のことや「未来のエネルギー」、「子どもたちの笑顔」に訴えるのは、

もっと後ろです。

 

最後の最後に訴えかけると響きますが、それを最初に訴えても、全く意味が無いです。

使い方間違ってます。というか、使う順番」を間違っています。

 

 

安いホームページ

 

最近、派手に宣伝するホームページは

 

  • 業界最安値!
  • 1kwあたり●●万円~!
  • 太陽光発電はまだまだ安くなる!

 

こういうホームページですね。

安値競争まっしぐら。

 

そういう会社の「売り」は「安さ」だけです。

 

たしかに、他社より安ければ「売れる」でしょうけど、利益はありません。

粗利ゼロとかで動いてる会社がほとんどです。

 

でも、それって、もう商売じゃないですよね。

ただの売上げ主義です。

 

そんなことやってたら体力の無い会社は倒産一直線です。

中小企業の経営者は絶対、そういう安値競争に参加したらダメです。

 

絶対勝てませんし、そういう「安さだけ」を求める客は、質が低いです。

「質が低い客」をほとんど利益ゼロで相手にすることになります。

 

やめたほうがいいと思いますよ。

 

また、太陽光発電をフロント(集客商品)にして、バックでリフォームを売る!

という戦略もあると思いますが、あまり期待しない方がいいと思います。

 

だって、そういう「安さ」しか見ない客は、

またネットを使って一番安い業者にリフォームしてもらおうと思っているからです。

 

ですので、あなたは、それらのホームページと全く逆のこと」をすればいいんです。

 

 

【つづく】

お客がネットで検索する2つの理由

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA