「自分を売る」簡単な方法

投稿日: カテゴリー: 高額商品を即決させるノウハウ

自分の何を売るのか?

 

まずは自分が何者かを開示し、考え方を明らかにします。

プロならではの

  • 「知識」
  • 「知恵」
  • 「将来の予測」
  • 「理念」
  • 「ビジョン」

を明らかにします。

 

つまり、

  1. なぜ、太陽光発電を売っているのか
  2. 未来を予測し、将来どうなっているのか
  3. 太陽光発電の選び方
  4. あなたの家はどういう太陽光発電ならベストか

を語ります。

 

この4つを語れる営業マンになってください。

4を言っている営業マンは大勢いますが、

1,2、3を言っている営業マンはまずいません。

 

その他大勢の営業マンと、自分は天と地ほどの開きがある。

というのをお客さんに教えなければいけません。

 

 

どうやって売るのか?

 

ダラダラ自分語りを言っても、お客さんはしらけてしまいます。

 

自分のことを知ってもらう一番良い方法は

小冊子やホームページ、ブログ、Twitter、Facebookなどで

読んでもらうことです。

 

「お客さんに読んでもらう」ことが一番良い方法です。

 

逆に、「聞いてもらう」などと思ってはいけません。

お笑い芸人のような面白い話が出来ない我々がやってしまうと、

お客さんは退屈になって、しらけてしまいます。

 

一番のポイントは「読ませる」という行為です。

人は読むことで教育されます。

 

さらに、お客さんを教育させるには、

何度も読ませることが重要で、繰り返し読ませる工夫が必要になってきます。

 

そのツールとして最適なのが、

小冊子やホームページ、ブログ、Twitter、Facebookです。

 

これらを使って、

 

  • あなたがどんな人物か
  • どんな考え方なのか
  • どういう思いでこの仕事に就いているのか

 

などを説明することで、

自分を売ることができます。

 

【つづく】

 

お客さんが「つい選びたくなる」選択肢とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA