もっと売れるために◯◯を増やす

投稿日: カテゴリー: 成約率を飛躍的に伸ばす方法

売りっぱなしにしない

 

訪問販売の十中八九が「売りっぱなし」です。

健康食品や化粧品のようにリピートが高い商品ではなく、

 

太陽光発電のような、高額で長寿命商品だと、

次の購買(リピート)につながらないので、アフターフォローが面倒くさい。

 

こう考えているからです。

正直、私も同じこと思っていました。気持ちはわかります。

 

テレアポやっていた頃は、アフターフォローが面倒だったので、

お客さんから連絡がない限り、こちらから連絡することは皆無でした。

 

  • 「発電量が低いんだけど!?」
  • 「エラーが出たんだけど、どうしたらいい?」

 

などの連絡があった場合は、仕方なくお伺いしていましたが、

それ以外は、こちらから連絡することはありません。

 

新規客を捕まえるのに必死で、既存客に構っているヒマはない。

という感じでした。

 

おそらく、訪問販売の9割以上がこの考え方です。

 

アフターフォローしたくても、少人数の会社では正直無理です。

ましてや私のように、1人でやってると不可能に近い。

 

だから、ニュースレター(手作り新聞)を出すようにしました。

売った後も継続的に接触するように郵送で送ります。

 

月に一回発行するニュースレターは

ボディブローのようにじわじわと効力を発揮します。

 

 

売りつけない

 

強烈なクロージングでその場で「YES」をとって契約しても、

後日、かなり高い確率でクーリングオフされます。

 

昔はすごい売ってたけど、今はもう売れない。

 

という営業マンいっぱい知っています。

 

  • 時代が変わって、
  • 人も変わって、
  • 生活スタイルも変わって、
  • 法律も変わったのに、

 

いつまでも、昔と同じ売り方していたら、

売れなくなるのは当然です。

 

だから、即断即決営業はやめました。

相手が「欲しい」というまで待つことにしました。

 

 

名刺はド派手に

 

名刺って地味ですよね。

 

  1. 会社名
  2. 役職
  3. 名前
  4. 住所
  5. 電話番号
  6. FAX番号
  7. メールアドレス

 

くらいしか記載されていません。

 

超有名企業なら、会社がすでにブランドになってるので別に構わないんですが、

誰も知らない中小企業の場合、すっごい地味なダメ名刺になります。

 

理由は、

何の情報も載っていないから

 

もっとパーソナルな情報や個人の情報をふんだんに入れましょう。

ゴチャゴチャしていいんです。

 

シンプルでお洒落な名刺は、

誰もが知っている有名企業だから格好良いのであって、

 

誰も知らない中小零細企業の名刺をシンプルでお洒落にしても、

中身スカスカの名刺だと思われます。

 

お客さんに伝えたいこといっぱいありますよね?

その一部でもいいんで、それを名刺に書きましょう。

 

「こんな派手な名刺はじめて見た」

と思われるような名刺を作りましょう。

 

印刷屋に頼まなくても、

パソコンとプリンターがあれば名刺は作れます。

 

前回でお伝えしたように、顔写真は必ず載せましょう。

「実物と写真は全然違うんですよ~」などとネタとしても使えますよ。

 

【次へつづく】

「お客は神様で、お前は奴隷」にならないために

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA